高学歴男性と出会う方法はあるのか

高学歴男性と出会う方法にはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、高学歴な男性と出会にはどうしたらいいのかをご紹介します。

そもそも、高学歴男性はどこにいるのか?

まず高学歴男性と出会うためには、高学歴男性がどこにいるのかを知る必要があります。

高学歴男性はどういう生活をしていて、どこにいけば出会うことができるのか。

結論から言うと、それは仕事場や仕事関連の周辺です。

高学歴の人ほど、仕事熱心な人が多いので、基本忙しいです。

サラリーマンだったら会社付近や会社の中、自営業なら事業をするエリアの周辺ということになります。

高学歴で、高収入で、高ステータスな男性はとにかく仕事で忙しいのです。

よく「おしゃれなバーにいけば出会える」「趣味や習い事から見つける」なんて声もありますが、それはごく一部です。

ちゃんと働いて社会に貢献している高学歴な男性は、基本的には遊ぶ時間がないくらい仕事が忙しいのです。

まずはその点を理解しておく必要があります。

では、高学歴の男性と出会うには職場しかないのか

では、高学歴の男性と出会う方法は職場しかないのでしょうか。

それも違います。

いくら忙しいとはいえ、24時間365日仕事をしている男性はいません。

どこかで息抜きをしたり、女性とデートしたりしたいという気持ちを持っています。

確かに、忙しい彼らの多くは、デートや女性との連絡のやりとりをする時間がないので、多くは職場恋愛や仕事関連の出会いから付き合って、結婚することが多いのは事実です。

ですが、あえて職場以外のところで出会いを見つけたいという男性は一定数います。

「仕事とプライベートは分けたい」「仕事で関わる女性は恋愛対象にできない」

男性は、女性に比べて、一点突破一つのことに集中するという特徴があるので、仕事関連の人とは、仕事面での付き合いしかできないという男性が多いのは事実です。

なので、仕事周りや職場で、優秀で高ステータス・高学歴の男性と出会うチャンスがない女性も諦めてはいけません。

職場や仕事関連以外で、女性と出会いたいと思っている高学歴男性はいます。

その男性と出会うことはできるのです。

そもそも、高学歴男性は出会いを求めるのか

高学歴男性は、お見合いや恋活はやっているのか。

結論をいえば人によります

もっといえば、仕事内容によります。

例えば、転勤や上京など地元から離れて仕事している高学歴男性(もっと言えば住まい周辺に友達が少ない男性)は、出会いを求めている人は多いのです。

転勤中の男性や、大学は地方だけど社会人で上京した男性は、仕事先の地域では知り合いがほとんどいません。なので、必然的に女性との出会いはほとんどないのも事実です。

学生時代の友人や会社の同期や同僚は、首都圏や地元にいること多いので、誰かと遊びに行ったり、飲みに行ったりする機会がかなり少なく、寂しい毎日を送っている人もいます。

転勤先で一緒になった会社の同僚や社員同士で、付き合ったりする比率が多いのもそのためです。

ですが、社外で出会いを求めている男性は必ずいます。

そういう男性は、自分に不慣れな土地でも出会いを求めたいと思って出会いを探そうとしているのです。

自然な形で高学歴男性と出会うためには、やはり友達からの紹介が鉄板

では、自然な形で出会う方法はあるのでしょうか。

これも結論からいえば、高学歴男性と自然な形で出会う方法でもっとも多いのは、友達や知り合いからの紹介によるつながりです

友達からの紹介、合コン、飲み会などで出会う方法は、やはり高学歴男性と自然と出会う方法としてもっとも強力です。

紹介なので安心感もありますし、何より相手を探すというステップを踏まずに、相手との距離を縮めることだけに集中すればいいので、時間がない忙しい社会人の出会いとしては鉄板です。

ただし、友達からの紹介を得るためにはある程度、人脈が必要です。また「この子になら紹介してもいいかな」と友達に思ってもらわなければ、紹介先の候補にすら選ばれないので、ある程度の社交性やノリの良さが求められる部分でもあります。。

あとは、ハブ役のような友達がいないとなかなか難しいのも事実です。こういう人は、色々な人脈を持っていて、バーベキューやオフ会などを定期的に開催したり、誰かと誰かをつなげるようなハブ役を担っているようなことをしています。

なので、どちらかというと、社交性があって、ノリが良い人にオススメな出会い方になると思います。

マッチングサービスを使えば、落ち着いて相手と会話ができるので、第一印象が苦手な人でもアピールできる

自然な形で異性と出会う手段である、合コンや飲み会などは、多くの人に出会える反面、少ない時間で相手へのアピールが必要です。

なので、第一印象が苦手だったり人見知りの性格だったりする人は不利です。

自分のことを理解してもらう以前に、候補にすら上がることができないこともあるはずです。

その点、マッチングサービスでは、事前にメールやチャットでのやりとりがあったり、実際にレストランなどで会う時にも、2〜3時間程度まとまった時間をとって相手とのコミュニケーションができるので、第一印象が苦手だったり、人見知りでうまくしゃべるまでに時間がかかる人でも、少しずつ距離を縮めていくことができます。

特に高学歴男性は仕事を頑張っているので、自分の話をしっかり聞いてくれて、それを理解してくれる女性を好む傾向にあります。

そのため、積極性やノリの良さはないけど、おとなしくて真面目な女性を好む高学歴男性は多いのです。

そういう意味でも、マッチングサービスでの出会いは、高学歴男性の心をいとめる良い手段になります。

スポンサードリンク