彼氏が悩んでる時にどうするか

「彼氏が仕事で悩んでいる」

「彼氏が大きな失敗して悩んでいる」

こういうことあるんじゃないでしょうか。

 

どんな人も悩みはあるものです。付き合っている彼氏にも悩みはあるでしょうし、それを彼女であるあなたにぶつけてくることもあるでしょう。

そういう時、励まして、元気になって欲しいなと思いますよね。

そこで今回は彼氏が悩んでいる時に対処すべき効果的な方法について述べていきます。

悩んでる時は「話を最後まで聞く」

彼氏が悩んでいる時は「話を最後まで聞く」。

彼氏が悩んでいて、

あなたにその内容を話しはじめた時、その内容を最後まで聞いてあげましょう

彼氏としても最後まで聞いてくれると、言いたいことを自分のペースで言えます。

途中で口を挟んだりするとかえって逆効果になることもあります。

 

さらにもう一つ重要なことは、

もしその内容が専門的なことで、あなたがわからなければ専門的なアドバイスをしないということ。

アドバイスするとしてもあくまで一般的なアドバイスを。

仮にあなたがその内容を少し知っていたり、似たような経験をしたりしていたりしても言わない。

実際に経験するのと知っているのでは全然違うでしょうし、彼氏の悩みは彼氏唯一無二の内容なので、似た経験は所詮似た経験です。

なので、もしアドバイスするなら「少しずつやっていけば良いんじゃない?」など、

抽象的、一般的な内容を話してあげた方が良いでしょう。

悩んでる時は「嫌な顔をしない」

悩んでいる時は「嫌な顔をしない」

彼氏が何かに悩んでいる時、悩みを打ち明けられることはあるでしょう。

そして、それは一回きりではないこともあります。

問題が大きければ大きいほど何度もそのことについて悩むであろうし、それに比例してあなたに同じ悩みを相談する回数も多くなるでしょう。

そんな時に「また同じ話しか」と嫌そうな顔をしてしまうと相手を傷つけてしまいます

なので同じ話でも同じように話を聞いてあげて、彼氏が自分で答えを見つけるまでそっとしておいてあげましょう。結果的にその方が早く問題が解決します。

もし同じ話を繰り返し話すことで嫌な顔をしてしまうと、二度と彼氏はあなたに相談したいと思えなくなってしまいます。

なので悩んでいる時は、嫌な顔をしないで話をそっと聞いてあげましょう

悩んでる時は「大丈夫だよと声をかける」

彼氏が悩んでいる時は「大丈夫だよと声をかける」。

男性は何かに悩む際、割と冷静に状況を分析しています。

なので冷静に分析して大丈夫な方向に向ける努力はしていることが多いのです。

だからこそそういう時は、客観的な話で大丈夫と言われるよりも、

「根拠がない大丈夫だよ」の言葉の方が、逆に嬉しいのです

相手の気持ちに寄り添った「大丈夫。そばにいるよ」の一言で立ち直り、次に努力していくことができるのです。

悩んでる時は「立ち直れたらそっとしてあげる」

彼氏が悩んでる時は「立ち直れたらそっとする」。

彼氏が悩んでいることに立ち直ったり、状況が改善して気持ちが上向きになった時は、

そっとして邪魔しないでいてあげましょう。

そして状況を見て、時折声をかけてあげるのが良いでしょう。

もし本当に大丈夫ではない状況なら、向こうから話してきます。

なので、彼氏が悩んでいて立ち直れたら、そっとしておくようにしましょう。

 

過去に「そっとしておく」正しいやり方についての記事も書いたので合わせて参考にどうぞ↓

「そっとしておく」思いやりは優しさ。正しいやり方について

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は彼氏が落ち込んでいる時どうするべきかという励ます効果的な方法5つについて述べてきました。

この記事が少しでも読者と読者の彼氏さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

それでは今回はこれで以上です!

スポンサードリンク