職場の人間関係の構築に悩んで、時には仕事の人間関係を築くことに疲れて、嫌になってしまう方も多いのではないでしょうか。職場は毎週通っているところだからこそ、なんとかして円満で良好な関係を作っていきたいですよね。

では、サラリーマンの方々が、職場において、上司、部下、同僚などとスムーズな人間関係を上手に築くた目にはどうしたら良いのでしょうか。今回は、職場での人間関係の築き方について述べていきたいと思います。

職場での人間関係がうまくいかない場合の対処方法

他人を気にかける

こちらはこれからの人間関係を見越した対処法です。人間関係が上手くいかないあなた、普段まわりの人とどのくらい会話をしていますか?どのくらい相手のことを知っているでしょうか。職場で人に好かれ、よりよい人間関係を形成するために一番大事なことは、他人に気をかけることです。

外見の変化に気づいてくれた、体調の悪さに気づいてくれた等、自分を気にかけてくれている人に対して、悪い気持ちを持つ人は少ないでしょう。私はそれができる人間なのです、ということを日々の生活でアピールできれば、何か問題が起きた際、例えば自分が言った悪口が誰かの耳に入ってしまった時にも、あいつはそんなことをいうタイプじゃないから、と受け流してもらえるのです。

そのためには自分にノルマを課して、職場のひとりひとりに毎日必ず声をかけることが有効です。「元気ですか」その一言でもかまいません。そうやってコミュニケーションを密にとっていくことが、自分の印象を良くすることにつながり、人間関係を円滑に回していけるのです。

陰口や愚痴はなるべく職場で言わないようにする

人間関係がうまくいかないときは、かならずどこかに原因があります。職場の人間の愚痴をつい漏らしてはいませんか?仕事はしっかりこなせていますか?原因がわからないときは、あせらずまずは黙することです。

不安になって誰かに気持ちを打ち明けると、それが新たな陰口につながります。特に女の社会では、誰が本当に自分の味方なのか、自分だけでは把握しかねます。新たな火種がたたないように、ただじっとしていましょう。あなたの言動に問題があった場合、黙することで1度争いの火は鎮火するでしょう。心当たりがある場合は、仕事と関係の無い友人や家族に今後の身の振り方を相談しておくといいです。自分は悪くない、そういう場合も長いものに巻かれるのが職場です。フラストレーションがたまるかと思いますが、ある程度は、合わせておくに越したことはありません。

誰かに相談してみる

友人などに相談してみるのも良いでしょう。友人の立場であれば、あなたを客観視してアドバイスをすることが可能でしょう。しかし、ここで注意すべきことが一つあります。それは、この時の友人とは「職場と関係のない」友人でなければならないということです。こちらがとても信頼している友人であっても、何気ない会話から自分の発した愚痴が悪意をはらんで当事者に伝わることは少なくありません。陰口として伝わってしまうこと以上にあなたの立場を悪くすることはありませんから、そこは慎重になってください。

職場と関係のない友人は、話してもわかりっこない、そういう懸念はあると思います。しかし、職場での人間関係の悪化の原因など、どこの会社でもだいたい同じです。なので案外有益なアドバイスをもらえるかもしれません。また、互いの職場の悩みを相談し合うことで、よりいっそう友人との仲も深まるというメリットもあります。ただ、毎回愚痴を聞いてもらうためだけに呼び出していると、ちょっと面倒な人と思われてしまうかもしれません。あくまでも愚痴はついでに話す程度がよいでしょう。

割り切って考えてみる

職場での人間関係がうまくいかなくても、プライベートでは一切困りません。極端に考えると、職場の人間関係の悪化に耐えられなくても、辞めてしまえば全てリセットされるのです。そのことを念頭において生活すれば、まあ改善されなくても辞めたらすむし、と思うことができ、少し悩みも軽くなります。

人間関係をよくしようと誰かにとりいってしまうと、その先ずっとその人の顔色を見ながら生活しなければならず、仕事以外のことでどっと疲れてしまいます。それはとてももったいないことです。職場には友達を作りにきているのではない、仕事をしにきているんだ!そう割り切って業務をこなしましょう。

また、人は慣れてしまうと、それが一生続くものだと思ってしまいがちですが、どんな仕事にも、転勤や転職や組織変更などで、職場環境が大きく変わる可能性もありますので、あくまで今の職場環境や人間関係は一時的なものだという認識を持つことも大切です。

もし、その人間関係の悪化が、直接仕事の妨げになる場合は、上司を交えて腹を割って話しましょう。私はこのくらいのことでも大事(おおごと)にしますよ、という印象をつけることで、仕事の妨げになるようなトラブルは回避できるでしょう。陰口を叩くよりストレートで効果的です。

仕事自体をなるべくちゃんとやるようにする

人間関係がうまくいかないと、どうしても仕事の進捗も悪くなってしまいがちですが、なるべく仕事自体はきちんとこなすように努めましょう。

絶対ではないですが、案外、上司や周囲の人で見ているくれている人もいます。職場の人間関係がうまくいかないからといって、仕事を投げ出してしまうのは、もったいないというか、必要のない過小評価を呼び込んでしまいます。

無理をして過度に頑張りすぎるのは良くないですが、人間関係がうまくいっていない状況だからこそ、やるべきことはある程度やっておくというのは、自分の評価を守るためにもある程度は必要なことと心得ると良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、職場の上手な人間関係の築き方についてのべてきました。

職場の人間関係が良好で円満なのは、自分のライフスタイルにも大きな影響を与えます。まずは無理をしない範囲で、自分ができることから初めて、少しずつ良好な職場の人間関係を築いていきましょう。

今すぐではなくても、転職サイトに登録しておくべき3つのメリット

スポンサードリンク