居心地の良い人との結婚とは

結婚には居心地の良い結婚と、居心地の悪い結婚があります。

「この人といて居心地が良い」

「なぜかこの人といると安心する」

「心が落ち着く」

ということありますよね。

生活というのは、お金があり裕福だから居心地が良いとか、贅沢できるから居心地が良いとかではありません。居心地の良い相手(パートナー)と結婚したからこそ、生活が快適で居心地が良いのです。

そこで、今回は居心地の良い相手との結婚と、居心地の悪い相手との結婚の違いを述べていきます。

居心地が良い人との結婚は「仕事に前向きになれる」

居心地が良い人と結婚すると、仕事に前向きになれます。

それは居心地が良い人と結婚すると、「家」や「家庭」が落ち着ける場、休息の場としてきちんと機能するからです。

仕事や事業は常に競争や評価にさらされています。一見外に行って帰ってくるだけに見えても外で戦っているという人は少なくありません。その分、家庭は安らげるところである必要があります。

家でゆっくり休息が取れるからこそ、明日も頑張ろうとなれるのです。

逆に居心が悪い人と結婚すると、一緒にいる家での生活でくつろげません。その分仕事のパフォーマンスに影響も出てしまいます。

居心地が良い相手を見つけて、結婚するということは自分の仕事を成功させることにもつながっているのです。

居心地が良い人との結婚は「経済的に楽になる」

居心地の良い人との結婚はお金の問題的に楽になります。

それは無駄遣いをしなくなるからです。

居心地が悪い人との結婚生活はストレスがたまりますので、なるべく家にいたくないということで外食が増えたり、ストレス発散のために外で散財してしまったりなど、経済的にも良い影響を与えません。

居心地が良い相手と結婚すれば、

例えば、家に帰ることも楽しみの一つにもなり外食が減ったり、ストレス発散を家の中で完結させることもできるので、経済的にも良い影響を与えてくれるのです。

居心地が良い相手と結婚することは、貯金を増やしたり散財をしないという点で、経済的にも楽になれるのです。

居心地が良い人との結婚は「別れる心配がない」

居心地の良い相手との結婚は、別居したり、離婚したりする心配がありません。

居心地が良い相手との結婚であればストレスが少ないからです。

逆に、居心地が悪い相手との結婚だとストレスがたまり、最悪の場合、別居や離婚に発展する可能性もあります。これは仕事や経済的な面にも影響します。別居には家賃や引っ越し費用もかかりますし、離婚には財産分与や協議などお金と手間がかかります。

居心地の良い相手との結婚であれば、ずっと一緒にいたいと思いますし、むしろ一緒にやっていくためにはどうするべきかという建設的な話に自然となります。

無論、別れる話にもなりませんし、仕事的にも経済的にも安定した生活を送ることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「居心地が良い人との結婚と、居心地が悪い人との結婚は何が違うのか」ということについてのべてきました。

居心地の良い人との結婚はかなり自分の人生に大きな影響を与えます。

【合わせて読みたい】居心地の良い相性の見分け方は下記記事を参考に。

性格が違うカップルは絶対的にうまくいく良相性である3つの理由

自分と違うタイプの異性と結婚した方が良いに決まっている!!

スポンサードリンク