外食をやめたい

「外食は食費が高くて節約できない」

「外食は栄養が偏って健康によくないな」

「あんまり贅沢できないから外食は控えたい」

金銭面でも健康面でも外食をやめたいと思っている方は多いでしょう。ただ、実際に自炊をしようとしても何を始めたら良いかわからなかったり、どこで何を作ったら良いかわからないという方も多いでしょう。

そこで外食や買い食いをやめたい!と思った人には、是非プチ自炊をすることをお勧めします。

とても手軽で、始めることのハードルが低いので初心者でも取り組みやすいのが特徴。今回はその内容についてのべていきたいと思います。

プチ自炊とは

プチ自炊とは、1日3食の中で全てを自炊するのではなく一部を自炊することです。

人によってライフスタイルは変わるので一様に言えませんが、しかしプチ自炊のエッセンスとしては完全に外食買い食いでも、完全に自炊でもない、いわばいいとこ取りをすることを言います。

実はこれ、家庭の主婦がやっていることでもあるのです。

家庭の主婦がやっている自炊は、このプチ自炊の方法のレパートリーが多い版・回数が多い版みたいな感じです。自炊をして節約をしていく上で大事なのは、レパートリーの多さでも自炊の回数でもありません。

 

「自分で作れる分は作りそれ以外は作らない」ということを意識的に取り組むことです。

 

だって、毎食作ろうと思っても忙しくてはできませんから。

主婦でも共働きやパートの掛け持ちなどの主婦の奥様方も日々忙しい毎日を過ごされています。なので全てを自炊しようと思うと手が回りません。ですが長年の経験によって、料理の効率性やコツ、そしてレパートリーの多さがあるので、この「一部の自炊」というプチ自炊をすることで、スーパーの惣菜や外食を取り入れながら、家庭の食卓をうまく回しているわけです。

なので、このプチ自炊は無理なく続けていくには理にかなっている方法なのです。

外食をやめたいと思っている自炊初心者の方が取り入れたとしても、

手軽に取り組めて、そしてその後の生活にも活きる財産にもなる手法なのもポイントです。

プチ自炊初心者のコツ

あえて1〜2品程度惣菜を買う

これは外食や買い食いををやめる方向とは一見自炊と矛盾しているような気もしますが、

プチ自炊初心者のコツは「あえて惣菜を買う」ということが大事です。

 

極端に少食な人を除けば、ほとんどの人は、1食あたり最低でも2〜3品くらいは欲しいと思いますよね。でもそれを全て自炊しようと思っても、もちろん大変だし仮にできても続きません。最初から全てやろうとするとその大変さに手が止まってしまい全然できないで、結局元の外食をやめたいと思う前の食生活に戻ってしまいます。

そりゃできないですよね。だって家庭の主婦だってそんなことできている人は少ないんですから。

だからこそあえて、自炊をするのを一部に限定するのです。

で、惣菜を買っておいてその足りない部分を自炊するのです。この自炊はどんな簡単なものでも良いのです。ほうれん草を茹でるだけとか、鯖をみそにつけて煮るだけとか。

やり方は「クックパッド」や「楽天レシピ」の検索窓でその材料もしくは料理名を入れるだけ。

めっちゃ簡単なのです。

楽しみながらレパートリーを増やす

プチ自炊の初心者が自炊ができない理由の一つはレパートリーが少ないというのがあります。

そういう人は、自炊が苦手なのではなくて何を作って良いのかわからないという状況なのです。

そりゃ手は動きませんよね。

そういう時は楽しみながら料理をしていくことで少しずつレパートリーが増えていきます。

例えば、

  • 友達と餃子パーティー・鍋パーティーをするとか
  • 彼氏彼女とお家デートで料理を作るとか

などなど。

とにかく簡単なことから始めることで、気軽に、そして楽しくレパートリーを増やしていくことができます。レパートリーが増えてくれば、自然とこのプチ自炊をすることが簡単になってきます。

以前よりより簡単に、惣菜を買って、残りを1品〜2品を何か作ろうと思えるようになります。

そういう意味でもレパートリーを少しずつ増やしていくことはかなり重要なことです。

最後に自炊を始める上で一番重要なこと

最後にプチ自炊初心者にとって一番大事なことを言います。

それは、同じ料理を繰り返し作ることです。

 

これは、自炊ができるようになり、レパートリーが増えるようになるためにはかなり重要。

人間ってかなり忘れっぽいもので、一度作った料理もすぐに忘れてしまうのです。いくら簡単そうに見えてもそれを数回繰り返していかないと自分のレパートリーに定着しません。

なので、同じ料理を繰り返し作るということは、

自炊をする上で、そしてレパートリーを定着させる上で非常に重要なのです。

「それだと飽きちゃいそう」

という方もいらっしゃると思います。

だからこその惣菜や買い食いなのです。バラエティーを揃えるのはスーパーの惣菜や知人との外食などで満たしましょう。そして、自炊はとにかくそれが自分の元に定着するまでどんなに簡単なものでも、一見飽きちゃいそうでも繰り返し作って見ることが重要です。

3〜4回作ればさすがに作り方がわかってくるので、これでこの料理の作り方をマスターしたら、次の料理を作れるようになれば良いのです。

その方が心理的な負担も少ないですし、何よりレパートリーを増やしていく習得の理論としては一番近道だと私は思っています。

 

外食をやめたいと思った時こそ、ぜひプチ自炊を試してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は外食をやめたい!と思った時にプチ自炊で贅沢を始めるコツについてのべてきました。

とにかく無理なく、そして少しずつ定着してレパートリーを増やしていけばプチ自炊ができるようになります。

是非自炊初心者の方々はこの方法を試してみてください!

スポンサードリンク