オンとオフの切り替え

毎日仕事に追われ、家に帰っても寝てまた翌日仕事に行くことの繰り返し。休日も疲れが残っていたり仕事のストレスで楽しんだり休んだりする事ができず、ストレスや疲労が溜まっている。そんな仕事とプライベートを分けられない、区別できないというお悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。

プライベートを充実させればいいのかもしれませんが、それもなかなか難しいという方もいるのではないでしょうか。そんな方の為に、仕事とプライベートのオンオフの切替えを上手に行う方法を紹介したいと思います。

仕事とプライベートのオンとオフを上手に切り替える方法

その日にやる仕事の目標を決める

仕事とプライベートを上手に切り替える為には、その日にやる仕事をはっきりと決めることが大切です。

毎日ダラダラと仕事をしていても、効率が悪くなり仕事がうまくできずにストレスが溜まる一方です。そうならない為にもその日にやることを決め、決めた事はきちんとやる。それが終わったらオンからオフモードにすぐに切り替える。オフモードの時は、仕事以外の時間は仕事の事を考えない。というメリハリをつける。

そうすることで、無理なくオンとオフを切り替えることができるようになります。

服装を変える

仕事も休日も同じような服装をしていては、オンとオフがはっきりとしません。

仕事が制服の方は、通勤する時の服装と休日の服装を変えてみたり、そうでない方は、仕事と休日の服装をガラッと変えてみましょう。仕事中は地味目な服装をしていれば、休日は明るい色の服を着るなど。

またまずは仕事が終わり家に帰ったらすぐに部屋着などに着替えて、見た目からプライベートに切替えてみましょう。そうすることで仕事とプライベートのオンとオフの違いが明確になります。

仕事後の予定をいれる

仕事が終わって家に帰って寝るという生活だけだとストレスが発散されません。

たまには仕事後に友人と会ったり恋人とデートするなど、仕事後の予定をいれてみましょう。プライベートの予定があれば仕事を頑張る事が出来るかもしれませんし、自分の気持ちを自然に切り替える事が出来るかもしれません。

生活リズムを変える

仕事の日も休日も同じ生活リズムになっている人もいるのではないでしょうか。

仕事の日はどうしても生活リズムが一定になってしまうと思いますが、休日は起きる時間を変えてみたり、食事内容を変えてみましょう。また仕事で体を動かさない人は動かしてみたり、逆に肉体労働の人はなるべく体を休めてみたりなど。

生活リズムに変化があることで、仕事とプライベートの切替えができます。あまり極端に変えてしまうと体調を崩してしまったりするかもしれませんが、休日は入浴を早めにするだったり、自炊を少し手の込んだものにするだったりして、生活のリズムを少し帰るだけでも今日はオフモードなのだということを実感することができます。

休むことも仕事の一部だと思う

最後に、仕事とプライベートのオンオフを切り替えるために一番大事なことは、休むことも大事だということです。仕事のために休むというよりは、バランスを取り両立していくということです。

仕事もそうですし、余暇もそうです。それら全て自分の人生です。仕事だけでも、家族との時間だけでも、余暇や趣味だけでも自分の人生ではありません。充実した人生を歩むためには全てのバランスが取れている必要があります。

仕事のオンを常に持っていると、仕事自体にも知らず知らずに悪影響がでます。だからこそ休日は「休んで良いんだ」という風にオフモードになることで自分を納得させてあげましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、仕事とプライベートのオンとオフを上手に切り替える方法について述べてきました。

オンオフの切り替えはとても重要です。人はいろんな側面を持っています。仕事・家族・パートナー・友人など。オンとオフの切り替えができないと、どこか大事な役割が疎かになってしまったりします。そうすることでどこからかほころびが出て、最終的にはいろんなところに悪影響がでてしまいます。

仕事を頑張ることも大事ですが、時には家族や恋人や友人との時間も大事にするのも大切なことなんです。

スポンサードリンク