相性が良い相手の見分け方!結婚相手選びで最も大事なポイントとは!

結婚

結婚には相性が大事

相性が良い相手とは、以前、自分と違ったタイプの異性と結婚した方が良いに決まっているという記事でも述べましたが、生活や人生を共に送る上で「一緒にいて居心地が良い」「相手と一緒にいることに希望を持てる」などの性格面での相性のことを言います。

結婚は、相性が良い相手とするべきというのが私の意見です。

相性というのは、気持ちではありません。「愛情」や「好き」があろうがなかろうが、相性の良い相手というのは存在するのです。今回は性格の相性が良い相手を紹介します。

相性が良い相手とは

相性が良いカップルの特徴とは、どんなカップルなのでしょうか。

それは、性格が正反対の男女、違う性格の男女です。

「よく似た者同士の結婚はうまくいく」と聞きますが、それは価値観が似ているということです。性格が似ている相手のことではありません。これを誤解している人が多いんです。

むしろ性格は、真逆のカップルの方がうまくいくんです。

 

例えば、決めたがりの長男タイプの男性がいたとします。

彼は決断力や行動力があります。このタイプと相性が良いのは、同じような決断力がありハキハキサバサバしている女性ではありません。実は優柔不断なタイプの女性と相性が良いのです。

決断力がある男性と、同じく決断力がある女性が一緒になってしまうと、反発してしまいます。

それは、互いに決断力がある男女は、お互いに決めるという自体に慣れていますから、相手の決断より自分の決断の方がより良いと思ったら、主張をし合って衝突してしまうのです。

その点、優柔不断な人は柔軟性があります。確かに優柔不断な人は、決めるのに時間がかかったり何かと自分の主張ができなかったりなど控えめな性格でもあります。

ですが一方で、大筋さえ納得さえすれば、他の人の意見や考えに合わせることができるのも柔軟性や協調性を持ち合わせているのです。

このカップルは「決断力がある人が提案し、それを優柔不断な人が吟味し進んでいく」という図式が成り立ちます。だからこそ決断力のある人と相性が良い人は、優柔不断な人ということになるのです。

 

このように、人間は誰しも、自分と違うタイプの異性と相性が良いのです。

そして、自分と似たタイプの人間を嫌う傾向にあるんです。

それは相手の行動が気になるからです。「自分ならこうやるのに」「もっとこうしたらいいんじゃない?」などなど。

自分にない要素を持つ真逆の性格の男女こそ、相手の存在自体を心から尊敬することができ、お互いの弱点や欠点を補っていくことができる関係になれるのです。

相性が良い相手の見分け方

相性が良い相手というのは性格・役割が違う相手だと述べました。

では、相性の良い相手の見分け方はどうすれば良いのでしょうか。

そのためにはまず、自分がどういう性格で、その性格と相性が良い相手というのはどういう人なのかを知る必要があります。

そうは言っても、自分の性格というのは自分ではなかなかわかりません。そこで2つ自分の性格を知る方法をお伝えします。

ムカつく人を思い浮かべる

一つ目は、皆さんの過去において「腸が煮えくりかえるほどこの人いやだなー」と思った人を思うかべてください。それだけでOKです。実は心理学の世界では、その人こそ自分と似ている人だと言います。考えるだけでも嫌になってしまう事実ですが、それは残念ながら真実なのです。

そして「腸が煮えくりかえるほどこの人いやだなー」とうまく行っている相手を想像してください。その人があなたと相性が良いタイプの人です。どういう要素で見るかは人によって異なりますが、おおよそ当たっているはずです。

生まれた順番を考える

二つ目は、生まれた順番です。

一概には言えませんが、生まれた順番つまり兄弟姉妹関係は各自の性格や特徴を決める上で大きなポイントです。

一般的には、長男長女はしっかり者で決めたがりだけど少し傲慢。次男次女タイプは優柔不断だけど柔軟性や協調性がある、という特徴があります。

これは下の子は上の子を見て、模範に育ったり、何かと上の子に構いがちになるので両親の気を引こうと下の子は家庭の中でも空気を読むタイプになるからです。

なので、長女は次男などの弟タイプと相性が良いですし、次女は長男などの兄貴タイプとの相性が良いのです。それぞれ性格や役割などのタイプが異なるからです。こちらに関しては、下記記事でも詳しくまとめています。

話のペースがなどの居心地の良さ

確かにドキドキやときめきも恋愛には重要なことかもしれません。

ですが、結婚、生涯のパートナーということになれば、相手との性格的な相性はとても重要です。

一緒にいて、居心地が良い、コミュニケーションが円滑、話のペースが合うなどです。

このように、相性の良い相手というのは自然と、頑張らずとも波長が合うものです。

これは、相手と会話したり、相手とコミュニケーションをとってみないことにはわかりません。

なので、なるべく人とのコミュニケーションを大事にしていくことが大切になります。

ちゃんと結婚できる「おすすめ結婚相談所」3選

優柔不断な女性の性格特徴・相性が良い男性のタイプ

最後に

いかがだったでしょうか。

今回は相性の良い相手の見分け方について述べてきました。

最後に価値観が同じかどうかと相性について気になっている人もいると思うので、その点を述べます。

まず、性格と価値観は違います。性格は「その人の考え方や特徴」。価値観は「何を重要に思うのか」ということです。そして、性格は違う方が相性が良いですが、価値観は一緒の方が良いんです。

例えば、お金の価値観が一緒、子育ての方向についての価値観が一緒、衣食住への価値観が同じなどなど。性格の相性も大事ですが、価値観が相手と似ているということも相手との相性を図る上で重要なポイントになります

ただし、価値観は時間や過ごす相手と共に変わっていきます。結婚相手と一緒にいることで、互いの価値観は時間とともに似てきます。仮に相手との価値観が違っていたとしても、楽しく円満な夫婦生活を送れる「性格の相性」が良い相手であれば、相手との価値観のすり合わせができる場合もあります。

なので価値観ももちろん重要ですが、やはり性格の相性の方がより重要かもしれません。詳しくはこちらの記事でもまとめてます。

価値観と性格の違いとは。

スポンサードリンク
この記事も読まれています

ページの先頭へ