サプライズといえば、誕生日や記念日などで誰かを喜ばせることを内緒で計画することですよね。

「誕生日や記念日にサプライズなプレゼントされて嬉しい」という人も多いようなのですが、中にはサプライズをされることを嫌い、サプライズをされるとめんどくさいと感じる人もいるようです。

そこで今回は、サプライズが嫌いな人、めんどくさいと感じる人の心理について述べていきたいと思います。

サプライズが嫌いでめんどくさい人の心理

望んでない物や事をもらう可能性がある

サプライズが嫌いでめんどくさい人の心理として、まず望んでいない物や事をもらう可能性もあるということがあるでしょう。

例えば、誕生日プレゼントをサプライズでもらった場合、自分の好きな物や使える物であれば良いですが、自分が望んでいない物やさほど欲しい物でない場合もあります。そういう場合、サプライズでもらうよりは、実際に相談してもらったりする方が良いという人もいるかもしれません。サプライズは自分で物を選べませんからね。

このように、サプライズをしてもらうくらいなら、一緒に決めたり、何か自分の欲しいものや使えるものを欲しいという思う人は多いようです。

反応に困る

サプライズが嫌いな人の意見として、サプライズは反応に困るという意見もあります。

特に自分が望んでいないものや欲しくないものをサプライズされた場合、どう反応したら良いかわからないという意見も多いようです。

一応頂く手前、喜んだり、お礼を述べる事は最低限の礼儀になるかと思いますが、別にさほど嬉しくないものや望んでいない場合、どういう言葉を発したら良いか、どういう表情を作れば良いのかわからないという事もあります。そういうサプライズをされた時の反応や対応に困ってしまうという理由から、サプライズが嫌い、サプライズがめんどくさいと思う人もいるのです。

自己満足の押し付けに見える

サプライズが嫌いでめんどくさいという心理を持つ人には、サプライズをしてくる側が自己満足の押し付けに見えてしまい、幻滅してしまうからという理由を持つ人もいます。

特に「サプライズされて嬉しいでしょ」「これはあなたが欲しいものでしょ」「サプライズならどんな物でも嬉しいはず」という、こちらの考えを完全に履き違えている気持ちを押し付けてくるのは最悪でしょう。

自分がサプライズされて嬉しいからといって、他人がサプライズをされて嬉しいとは限りませんし、何より自分がいいなと思った物や事が本当に相手に受け入れてもらえるのかなんてわかりません。

見返りを求められる

見返りを求められるのもサプライズが嫌いでめんどくさい人の心理の一つでしょう。

「サプライズをしてあげたから」「手の込んだ準備をしたのだから」など、こちらがこんだけやったんだから、もっとこうして欲しいや、もっとこういうものが欲しいなど、何か見返りを求められる事からサプライズが嫌いな人も多いようです。

サプライズはもらう瞬間までわかりません。なので予めお断りしたりすることができません。そのため実質的に断れない状況を勝手に作られてしまうのがサプライズでもあるのです。

もちろんそれを喜ばしい事と受け止める人もいますし、本当に望んでいる物がくるかもしれません。

ですが必ずしもそうとは限りませんし、仮にこちらが嬉しいことでもそこに見返りを求められるとなると話は別になってきます。だからこそ、向こうが勝手に準備して、こちらが断れない状況になってしまうサプライズが嫌いな人は多いのです。

自分のペースや習慣を乱される

サプライズが嫌いな人の心理として、自分のペースを乱されるという事もあります。

どんな人間でも、大なり小なり、その人なりのルーティーンや習慣があるものです。仕事や学習や生活など、何かしらの決まりきった習慣のようなものを持っている人も多いでしょう。

例えば、夕方20時以降は食事をしないようにするとか、朝の仕事前の時間は必ず仕事の準備に使いたいなど。他の人には話したりしていないけど、自分で決めて、自分がスムーズに毎日を送るために作っている習慣やペースを持っています。

そんなその人だけの習慣やペースを完全に無視して、無理やり「受け取る」を強要するサプライズに対して、嫌悪感やめんどくささを持っている人もいるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回はサプライズが嫌いな人の心理を述べてきました。サプライズをされて嬉しい人もいますが、サプライズが嫌いな人も多いのです。サプライズを仕掛ける側が楽しかったり、幸せな気分になれたとしても、相手が本当に心の底から喜んでいなければ、ただの自己満足です。

サプライズをされてお礼を言ったり、喜ぶのは、大人として当たり前ですし常識です。だからこそ、喜んでいるように見えるからこそ、その人がサプライズが好きとは限りません。サプライズの好き嫌いは必ず、予め聞いたり、本音を知っておく事が良いでしょう。

スポンサードリンク