ひねくれている自分の性格

自分はひねくれた自分が嫌い。ひねくれた性格の自分がいやだという人もいると思います。ですが、わかっていてもひねくれた性格というのはなかなか変えられるものではないですよね。

でも本当は、そんな自分を変えたいと思っている人も多いはずです。そこで、今回はひねくれている自分の性格を直し克服する方法について述べていきたいと思います。

ひねくれている人の特徴

プライドが高い

ひねくれている人は、実はプライドが高い人が多いんです。本人はプライドが高いと認識していなくても案外周囲はそう思っていたり、実はプライド高い一面を持っていたりします。プライドが高いことで、周囲の意見を受け入れることができず、ひねくれた態度に変わってしまうのです。

又、無意識に周囲を見下している場合もあります。自分に弱点がありそれを見ないようにするために自分のことを棚に上げ周囲を見下していたり、周囲を下に見ることで優位に立ったと思い込んでいたりすることで自分のプライドを保とうとします。嫉妬心からそうしてしまっていることも多いのです。

自分に自信がない

ひねくれている人は、自分に自信がない人のも特徴です。自分に自信がなく「自分はだめだ」と諦めている場合もあれば、逆に自分自身に自信がないことを「自分で認めたくない」と思っている人もいます。

いずれにせよ自分に自信がないため、他者の評価を気にしすぎてしまいます。

人を見下してしまったり、不当な評価をする人を蔑んだり、逆に褒められても素直に受け入れることができなかったりします。そういった自分に自信がないことから、ひねくれた性格になってしまうのです。

負けず嫌い

負けず嫌いな人の中にもひねくれている場合があります。負けず嫌いであることは決して悪いことではないですが、人に負けたくないという気持ちが異常に強くなり、それがひねくれに繋がってしまう場合があるのです。

そういう人に共通しているのは、異常なまでに世間体を気にしていたりします。

感謝できない

人に感謝できない人もひねくれている人と言えます。何かしてもらってもお礼を言えない人。やってもらって当たり前と思っている人など。感謝の気持ちはあるがそれを態度に示すことができない人もいると思います。どちらにせよ、人に感謝できない人もひねくれていると思われてしまいます。

ある種そういう人は、不器用な一面を持っているとも言えます。本当は褒められて嬉しいのに素直に嬉しいという反応や表現ができない。本当は感謝すべきなのに、自分の思っていることをそのまま態度に出すことができないなど。本心とは違う態度をとってしまう人もひねくれていると思われがちです。

素直に感謝できない理由と感謝できる人になるための方法

ひねくれた自分の性格を直す方法

ひねくれている部分を自分で認識する

まず今自分自身がひねくれていると思う部分を自分で認識するようにしましょう。

ひねくれている人の特徴は、無意識であることが大半です。また認識しているけれどもいざそういう場面になるととっさに行動をとってしまうのです。だからこそ、きちんと自分で認識するためにも、紙にかくなどしてリストアップするのも良いかもしれません。

そしてその部分をどうしていきたいか、もしくはここを変えればこうなれるということを考えてみましょう。自分が今どんな人間なのかを最初に知ることが肝心です。やみくもに何かをやり始めてもスムーズにできませんので、まずは自分自身を知ることから始めましょう。

人から褒められたら否定せずに受け入れる

人から何か褒められた時「そんなことない」と自分の中で否定していないでしょうか。又はそれをお世辞のように捉えてしまい、自分自身でそれを認めてあげることができないでいませんでしょうか。

客観的に見てそう思われているのですから自分で否定する必要はありません。むしろ他人から評価されたり褒められたところは素直に受け入れて、自分の良い部分なんだと認識しましょう。そうすることで自分に対して、肯定的な捉え方を自分自身ですることができます。

人はさしてあなたのことを気にしていないと知る

プライドが高かったり負けず嫌いな場合、その性格自体は悪いことではありませんが、過度に周囲の目線や評価を気にしすぎてしまう傾向があります。

そういうひねくれた性格をしている人は、人はさしてあなたのことを気にしていないことを知るべきです。周囲の人でも四六時中あなたのことを考えている人なんていません。あなたが気にしている評価なんて、所詮そんなものなのです。だからこそ他人の中の自分がどうなのかを過度に気にしないようにする必要はないのです。

まとめ

ひねくれている自分を変えることができれば、自分に自信が持つことができます。自分に自信が持てることによって、周囲への見方が変わるので、人間関係が良好になったり、仕事がうまくいったりするかもしれません。

ひねくれている時は、自分の気持ちに素直になれずに気持ちとは正反対の態度をとったりしてしまいます。ですが、ひねくれている自分を変えることができれば、自分の気持ちに素直になることができ、自分の気持ちをそのまま表現することができたり、周囲から言われたことを反発することなく受け入れることができます。

ひねくれた性格はともすれば、周囲の人に不快な思いをさせてしまっているかもしれません。ひねくれている自分を変えることができれば、相手への印象を与える印象をガラッと変わるかもしれません。

スポンサードリンク