忙しいアピールする人はうざい

あなたの職場や生活環境の中で、忙しいアピールをする忙しぶる人はいますでしょうか?

「やたらと忙しぶっている」「忙しいが口癖」「予定表を入れるのが大好き」「頼まれごとが大好き」「忙しぶることを偉そうにしている」

どんな職場にも、1人や2人はいる忙しいアピールをする忙しぶる人。私の昔の職場にも忙しぶっている人はいました。周囲はその人を疎ましく思っているのに、本人は全然気づいていない様が哀れとさえ思えてしまいます。

そんな忙しぶる人の特徴と心理、そしてその人の対処方法も述べていきます。

忙しぶる人の特徴

忙しい=充実と勘違い

忙しぶる人は、忙しいことは充実していることと勘違いしている可能性があります。忙しければ充実しているなんてことはありません。

確かに充実感を感じている本人はそれで良いかもしれませんが、周囲は振り回されてしまいます。なので周りの人からしたら迷惑極まりない存在なのです。

さらに「忙しく予定が埋まっていること=充実していること」という価値観を押し付けてくる場合は、もっと最悪です。そういう忙しぶる人が上司の場合、部下は辟易としてしまいます。部下が暇そうにしていることに気に食わなかったり、そういう部下を不当に評価している可能性もあります。

忙しい自分に酔っている

忙しぶる人の特徴は、忙しい自分に酔っている可能性があります。そういう忙しいアピールする人は、忙しいことは充実していてすごい偉いことだと思っています。そのため、常に忙しくしている自分自身に対する評価が高いです。「こんなたくさんやることがある」という状態に自分自身で酔っているのです。

周囲の人からしたら「処理速度が遅いだけじゃないか」「そもそも必要もないことをやっているだろ」と、タスクオーバーになり、忙しいアピールをする本人に対して、冷ややかな目線を向けてますが、本人は気づいていません。

自分自身を客観視できない

忙しぶる人は、自分を客観視できないのも特徴です。忙しぶることで周囲に不快な思いをさせていることに気づかないわけですから。そして自分の評価は自分の中では高いかもしれないですが、周囲の評価はそれほどではありません。つまり自分を客観的な視点から見つめることができないのです。

客観的な視点を持っていないからこそ、どんどん「忙しい=偉い&すごい」という図式からなかなか抜けられなくなってしまいます。

優先順位をつけられない

忙しぶる人は優先順位をつけることができない特徴もあります。物事には優先順位があります。今日やらないといけないこと、今週やらないといけないこと、今月やらないといけないこと。又、重要度が高いもの、重要度が低いもの。

仕事でも家事でも何でも、全てをやろうとすれば時間なんて足りません。そのため人間は意識的にも、無意識的にも、自分の中で物事の優先順位を決めることが重要です。

忙しぶる人は優先順位をつけることができません。そこまで重要でもないことに時間を使ったり、気を揉んでいるのでなかなか物事が進まず、さらに滞りが発生して、ますます忙しい状態が改善されません。

さらに忙しぶる人は、忙しいこと=充実していることですから、頼まれごとをされたり、やることが増えて予定表に予定が増えることが大好きです。

そのため、必要のないものごとをどんどんタスクとして増やしてしまい、さらに忙しいという負のスパイラルに陥っていきます。

忙しぶる人の心理

他人から認めてもらいたい

忙しぶる人の心理は、他人から認めてもらいたい欲求が心理の根底にあります。一見、自分を客観視できない特徴がある忙しぶる忙しいアピールする人ですが、実は他者からの評価を異常なまでに気にするのです。

ですが、他者からの評価や信頼はすぐには得られません。評価や信頼は少しずつ時間をかけて作られていくものです。何より狙って得られるものというよりは、周囲や身近な人のために尽くした結果、認めてもらおうと思わずとも自然と得られるものです。忙しぶる人はそれをわかっていません。

むしろ認めてもらおうと自分から忙しいアピールをしたり、たくさんの仕事をかかえ優先順位をつけず忙しぶったりするのです。それが逆効果になることに気づかずに。

本当に周囲から認めてもらえる人は、たくさんの仕事がきてもそれを取捨選択し優先順位の高いものから処理していくことができます。そのため常に余裕があり周囲の人にも気を使える人です。

又、仕事が増えすぎることのデメリットもわかっています。そのため、自分の仕事が追いつかない時は上手に人にお願いしたり、誰かを頼ることができる器用さも持っています。

どこかでストレスや無力感を感じている

忙しいアピールをする忙しぶる人の心理としては、どこかでストレスや無力感を感じている可能性があります。忙しいアピールをする人は、他者からの承認を異常なまでに欲しています。つまり、自分が普段生活している別のシーンで他者からの信認を得られていない可能性があります。

例えば、職場で忙しぶる人は家庭で奥さんや家族とうまくいってなかったり、相手にされていなかったりしているかもしれません。家庭での自分の評価の低さから自己肯定感が薄れ、それを職場で満たそうとしているのです。

そのため忙しいアピールをして「こんなに自分はすごいんだぞ」と、少しでも自分に対する他者評価をあげようと躍起になっているのかもしれません。

忙しぶる人への対処方法

タスクが増えない方に持っていく

忙しぶる人は仕事を増やしたりするのが好きです。忙しいことで自分の自己肯定感を満たしいるのですからね。ですがそれでは仕事ややるべき物事が進まなかったりします。本人が困るだけなら良いかもしれませんですが、チームワークや仕事の進捗を邪魔してしまっては良くありません。

そのためその人のやるべきことをなるべく減らすように持っていくと良いかもしれません。先回りしてその人の仕事を片付けてしまうのもそうですし、その人の仕事が増えそうな流れを作らないなどが大切です。

また大事な仕事をなるべく任せないことも重要です。逆に仕事をすることが大好きなので、やるべき仕事自体はしっかりやってくれるかもしれませんので、雑務や緊急度が低い仕事をお願いしたりしてなんとかごまかすのも一つの手です。

いずれにせよその人のペースに任せないようにして手綱を持たせないことが大事です。自分たちのタスクややることを管理するようにして、その人をうまく利用するつもりで接するのが良いのではないでしょうか。

かわいそうな人と思う

忙しぶる人は、自分の中で何か満たされない不満やストレスが自分の意識の中にあります。そういう人はかわいそうな人と思うようにしましょう。

残念ながら、忙しいアピールをする人は、忙しぶっていると、本人自身が気づいていないケースがほとんです。

「自分は満たされていない何かがあって、それをここで満たすために忙しいアピールをしているのだ」とわかってやっている人はいないでしょう。つまり、忙しいアピールをする本人は、良くも悪くも、悪意や他意はないのです。本人も無自覚でやっている可能性もあります。

つまり、その負のスパイラルから抜け出せないでいる「かわいそうな人」なのです。そういう人からは最終的には人は離れていきます。そしてそんな人にもしっかり対応している「周囲の人の苦労」をわかってくれている人や、見てくれている人は必ずいます。

もし職場などの自分の生活の中で、忙しいアピールをする人がいれば「かわいそうな人」と思いあまりまともに取り合わないようにするべきでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は忙しいアピールをする忙しぶる人の特徴と心理などについて述べてきました。

どこにも忙しいアピールをする忙しぶる人は存在します。ですが、その人に振り回されないためにも、確固たる意思を持ってなるべくコントロールをするようにすると良いでしょう。

スポンサードリンク