第一印象でビビッってくるって?

第一印象で、ビビッとくる相手に出会ったことはありますか?

相手を一目見た瞬間、ビビッときた。

「あっいいな」と。

 

第一印象とは、脳が一瞬で判断するのです。

エレベーターに乗り合わせた、部屋に入ってきた瞬間、など。

相手を一目見た瞬間、いわば一目惚れのような感覚に出会うこともあるでしょう。

 

そんな相手とはどんなメッセージや意味があるのでしょうか。

今回は、第一印象でビビッとくる相手とはどんな相手か紹介します。

第一印象でビビッとくる相手はどんな相手か?

本能レベルや遺伝子レベルで、自分と相性が良い相手

第一印象でビビッとくる相手とは、どんな相手でしょうか。

それは、相性が良い相手です

 

人間の脳は、物事を瞬時に判断する能力があると言われています。

思えば、生活とは、瞬時に判断することの連続です。

 

車の運転なんて、その最たるものでしょう。

判断はほんの数秒でするものです。

いえ、1秒もかかっていないかもしれません。

数秒でこっちにいくとか、そういう瞬時の判断しているのです。

そして、その一瞬の判断力は、精度が高いと言われています。

 

学校のテストでも、瞬時にわかった答えの方が、書き直した答えよりも正解率が高い

という経験は誰にもあるでしょう。

 

つまり、人間には、物事を瞬時に判断する力があります。

そしてその瞬時の判断、直感は正しいことが多いのです。

そういう能力が人間の脳には備わっているのです。

 

恋愛においても同じです。

瞬時に脳が、この人は相性が良い、悪いというのを本能的に判断しているんです。

 

なので、第一印象でビビっときたという場合、

相手を本能的に相性の良いパートナーとして認識しているということになります。

 

本能が、その人とは遺伝子レベルで相性が良いと判断しているのです。

だからこそ、ビビっとくる、という感覚になるのです。

 

実際に、第一印象の良さや、一目惚れからはじめった恋愛は、

結婚に至りやすい理由はそのためです。

もともと相性がよかった。

 

そして、自分にとって相性が良い相手ということは、

相手から見てもあなたは相性の良い異性」ということになります。

 

たとえ容姿、ステータスなどにコンプレックスがあったとしてもそんなの関係ありません。

相性の良さは、一般的な価値基準とは、無関係に存在します。

なので、たとえ自分に自信がなくても、安心してください。

相手との相性は保証されているはずなのです。

 

つまり、あなたが相手に対して「いいな」と思ったということは、

もしかすると相手側も「あっいいな」と思っているかもしれません。

 

仮にそう思われていなくても、

もし付き合ったり、恋愛が成就したりした暁には、

「この人と付き合ってよかった」と相手に思ってもらえる確率が高いのです。

なぜなら、相手との相性が遺伝子レベル、本能レベルで良いからです。

 

人間には、優秀な遺伝子を後世に残したいという本能があります。

優秀な遺伝子とは、健康で環境の変化に耐えられる遺伝子です。

 

身内同士の結婚がタブーな理由は、

遺伝子が近すぎるため、未熟児などのリスクもあるからです。

 

つまり、人間は自分の血縁とは遠い遺伝子を求めることで、

より健康で強い遺伝子を後世に残していくことができます。

それを脳は本能的にわかっています。

 

なので、自分の遺伝子と遠い異性を、

自分と相性の良い異性と認識し、一目見るだけでビビッとくる感覚が備わっているのです。

 

つまり、一般的な価値観や恋愛感を超えたレベルで、

異性との相性というのは既に決定しているのです。

 

もし、今あなたが出会った異性が

「ビビッときた」「第一印象で一目惚れした」ということであれば、

あなたと相性の良い異性ということかもしれません。

 

そして、相手からしても、あなたはベストパートナーとなり得るかもしれないのです。

異性の見分け方のきっかけをくれる人かも

もちろん、その人との相性は良くても、うまくいかないこともあるでしょう。

  • 既に相手がいた
  • 社会的に無理な関係性
  • 結果的にダメだった

など、相性の良い相手と出会ったとしても、

その人とは恋愛や結婚に至らないこともあるでしょう。

 

そんな時でもその人との出会いは、

「相性の良い異性の見分け方を知る、きっかけをくれた相手」と、考えることもできます。

なので、決してその相手との出会いは無駄ではありません。

 

遺伝子レベルの相性って、もしかするとなんとなくみんな気づいているかもしれませんが、

それを口に出したり、話題に出す人がいないので、まだまだ知らない人も多いのです。

 

かくいう私も、今の妻と出会うまで相性の良い異性の存在など知りませんでした。

相性の良い異性と出会うことの素晴らしさは、出会ってみないとわかりません。

 

お笑い芸人でスッキリの司会「加藤浩次」さんも、奥さんとの出会いは一目惚れと語っています。

いつまでも仲が良い「加藤夫妻」には3人の子供がいます。

一目惚れやビビとくる直感は、長続きする証拠です。

 

本当に相性の良い異性との、パートナーシップの良さは、

出会って、付き合ってみるまでわかりません。

 

社会的な価値観や、世間体なども大事ですが、

遺伝子レベルで、本能レベルでお相手を探したり選ぶことも、

パートナー選びでは大切なことだと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

第一印象でビビッとくる一目惚れをする相手は、

自分と遺伝子レベル、本能レベルで相性の良い相手です。

 

こんなこと、もちろん教科書には載ってません。

 

ですが、多くの人が自然と気づいていることですし、

実際に昔から言い伝えられてきている人間の知恵です。

 

もし、相性の良い異性との恋愛をしたいと思ったら、

やはり第一印象や一目惚れなど、直感を重視してみるのも良いかもしれません。

 

スポンサードリンク