単身赴任が決まった時に、「車、どうしよう」と悩んでいる方も少なくないようです。

それもそのはず。今まで日常の足として使っていた車ですが、単身赴任になると赴任先と家族のいる実家のどちらに車をおいておけば良いのだろうか、となってしまいます。

自宅に車を置いていくのか、赴任先に持っていくのか、売却してしまうのか、どうしようか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、単身赴任が決まった際に、所有している車をどうするのか、考えていきたい。

そもそも、車の維持費ってどのくらいかかるのか

単身赴任先に持っていくにしろ、自宅に残しておくにしろ、そもそも車の維持費ってどのくらいかかるのでしょうか。

項目 詳細
駐車場代 自宅なら不要。マンションやアパートなら数千円程度で、月極駐車場であれば1万〜2万程度。
自動車保険 自賠責保険と、任意保険。年で5万〜9万円程度。
車検代 車検代。ほとんどが2年に一回。
ガソリン代 毎月のガソリン代費用。
消耗品代 車の付属品の破損や劣化を変える費用
税金 自動車税、重量税

 

自動車の所有はとにかく、いろいろな経費がかかります。

だいたい、年間で、軽自動車で32万程度、普通車で40万程度かかるのが車の維持費の相場のようです。(※参考サイト:http://www.joyobank.co.jp/woman/column/201505_05.html)

月々に換算すると、以下のようになります。

  • 軽自動車:月2万6000円程度
  • 普通車:月3万3000円程度

頻繁に使わないのであれば、タクシーやレンタカーを使う方が安いとも言えるかもしれませんね。

車は乗る乗らないを別に、所有しているだけでもかなりお金がかかってしまいます。

自宅で誰も使わないなら、自動車は売却してもいいかも

もし、単身赴任によって、長期間自宅を空けることで車に乗る人がいないのであれば、売却してしまうのも良いかもしれませんね。

確かに家に帰る時には、使いたいと思う気持ちもあるかもしれませんが、車は維持するだけでもお金がかかります。ガソリン代等はかからないですが、自動車保険、車検、税金などは考えておかなければなりません。

また、半年程度の単身赴任であれば車の売却は必要ないかもしれませんが、1年以上の単身赴任の場合、経過年数分、車は古くなりますし、下取りや買取価格も低くなってしまいます。

所有しているだけでこれくらいの出費があることを考えたら、

車の値段が高いうちに今の車を売却してしまい、車売却で浮いたお金と売却金額を使って、単身赴任が終わったら、もっと良い車へグレードアップしてしまうのも良いかもしれません。

そうすれば、むしろ単身赴任という期間を、車関連の支出を減らせるので、車をグレードアップする資金をためる期間にしてしまうこともできます。

単身赴任中、自宅に車を置いておくなら、売却を検討する価値があるかもしれませんね。

 

とはいえ、今の車の買取価格も、実際に車を売却する時の参考材料になりますので、

まずは車がいくらで売れるのかを調べてみることから始めることをおすすめします。

 

車の売却相場を調べるなら、【ユーカーパック】がオススメです。

入力は最短1分程度で完了します。

あなたの愛車は今いくら?1分でカンタン相場チェック



まとめ

車の維持費は、案外かかるものです。

もし、単身赴任先で車を利用しないのであれば、車売却をしてしまった方が良いでしょう。

自宅に帰ってきた時に車を使いたい、となった時には、レンタカー、タクシー、カーシェアリングを利用すれば良いでしょう。

是非、一度検討してみてください。

スポンサードリンク