寂しい時に連絡する相手は自分にとってどういう存在なのか

寂しい時、ついつい誰かに連絡したくなってしまいますよね。

人間は一人で生きていくことはできません。

 

何か落ち込むようなことがあった時、何か傷つくことがあった時、夜寝る前に急に寂しくなった時、

誰かに話したり、誰かの声が聞きたくなることってありませんか。

そういう時に人は誰かに連絡したくなるものです。

 

寂しい時に誰かに連絡したりするのは自分の心を健全に保つために時には必要なことです。

しかし一方で気になるのは

そういった「寂しい時に連絡する相手」というのは自分にとってどんな存在なのだろうか。

普段意識することがなくても「寂しい時に連絡する相手」とは自分にとって他の人と何が違うのだろうか。

その点について述べて生きたいと思います。

好きな人・意中の人

寂しい時に連絡を取る相手は自分にとってどういう人か。まずはこれ。

 

「好きな人・意中の人」

 

まあ、なんとなく普通といえば普通なのだが、

好きだったり、気になる人、意中の人には寂しい時に連絡したくなりますよね。

 

寂しいときに真っ先に連絡する相手として、

好きな人を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

けれども好きな人だからこそ、煙たがれたり嫌がられたりするのを恐れて、連絡できないというのもあるでしょうね。もちろん、関係性もあるでしょうが。

なので、むしろ寂しい時に少し寂しさを紛らわせる時は、

むしろ別の相手に連絡するという人も多いようです。

ではそれはどんな人でしょうか。

自分にとって安心できる相手

寂しい時に連絡する相手は「自分にとって安心できる人なのかもしれません

安心とは難しいもので、どういう時に安心するのかは自分の意思とはほとんど無関係に起こる感情です。

なので、なぜその人が安心するのかは人それぞれなのでしょう。

 

「話を聞いてくれる」

「話していると元気になる」

「優しくアドバイスしてくれる」

 

人によってはその安心するというポイントは異なるでしょうが、

寂しい時に連絡する相手は「自分が安心できる人」だからということも多いでしょう。

都合が良い相手

最後はこれ。

ちょっと寂しいくらいだったら、

その寂しい時に連絡する相手は「都合が良い相手」であるかもしれません。

 

都合が良い相手と聞くと聞こえが悪いかも知れませんが、

とにかくリアクションが望める相手ということです。

 

特別な感情を抱いているわけでも、理解してくれているわけでもないけど、

とりあえず返事をくれたり電話くれたりと、とにかく相手からの反応がありそうな人。

 

寂しい時の中にも、

「今この瞬間」が寂しいだったり、

「今日」は無性に寂しいだったり、など

いわば一時的なものであることもありますよね。

そういう時には、いくら話聞いてくれる人でも多忙ですぐにリアクションが望めない相手には連絡を取れないかもしれません。

なのですごく落ち込むとかではないけれども、ちょっぴり寂しい、くらいな時に連絡する相手はあなたにとって「都合が良い相手」なのかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は寂しい時に連絡する相手は自分にとってどんな相手なのかという点について述べました。

いずれにせよ、そういう寂しい時に連絡できる相手に出会えていること自体、ある意味幸運なことでもあるので、そのことに日々感謝していく姿勢も大事かも知れませんね。

なんにせよ、この記事がみなさまのライフワークのお役に少しでも立てていただければ幸いです。

今回はこれで以上です!

スポンサードリンク