頼みごとをうまくするやり方

仕事中や恋人や家族など日常生活の中で人に何か物事を頼む機会というのは案外多いものですよね。

けれども頼みたいけど頼みにくい。頼んだけどタイミングが悪くて断られた・引き受けてくれない・怒られたというような経験はありませんか。そういうのは頼み方を上手にすれば聞いてくれたかもしれません。

では、どういう時にどういう風に頼めば快く引き受けてもらえるのでしょうか。今回は頼みごとやお願いごとをうまく上手に頼むやり方について述べていきたいと思います。

上手に頼みごとをするコツ

相手の性格を知る

人に物事を頼み、快く引き受けてもらう為には、まず相手の性格を知りましょう。

相手がどのような人か分からない状態では物事をどのように頼めばいいのかわかりませんよね。こういう時はだめだ・こういう時はOKなどのタイミングや、こういう内容はダメ・こういう内容はOKなどの内容など。相手がどのようなものにどういう価値観を持っているのか、その人のことを知る事ができれば、何なら頼んでいいか、どのように頼めばいいかが見えてきます。

相手ありきの頼みごとだからこそ、相手がどういう性格なのかを知ることが上手に頼みごとをするコツの一つ目になります。

相手の行動をよく見る

自分のタイミングで相手に頼むのではなく、相手が今何をしているのかをよく見てから頼むようにしましょう。

忙しそうかそれとも休憩しているのか、忙しく動いているわけではないから今なら大丈夫かな、など。人に物事を頼むわけですから、相手の邪魔にならず不快な思いをさせないように注意することも上手に頼みごとをするコツになります。同じ内容でもある時には機嫌を損ねてしまうけど、ある時は快く受け入れてくれるなど、相手の行動をよく見た上で頼みごと・お願いごとをしていくタイミングは大事になります。

言い方や表情に気をつける

人に物事を頼む時には、言葉遣いや表情にくれぐれも注意しましょう。

内容的に引き受けてもらえそうだったとしても、言い方や表情ひとつで不快な思いをさせてしまい、引き受けてもらえないという結果になってしまう可能性もあります。自分が頼まれた時にどのような言い方や表情をしてもらえると快く思えるかを考え、相手に伝えるようにしましょう。そのような「言葉使い」や「表情」などのノンバーバル(非言語)的な部分をきちんすることも、相手に上手に頼みごとをするコツになります。

自分が頼まれた時には快く引き受けるように

自分が頼みたい時に引き受けてもらえないととても悲しいですよね。そのようにならないためには、日頃から自分が頼まれた時には快く引き受けるようにしましょう。

全てを引き受けたり、理不尽な内容などを引き受ける必要はありませんが、自分が今後何かあったら頼みたいと思っている人や、困っている人に何か頼まれたら引き受けるようにしましょう。そうすることで相互に助け合ったり協力し合う関係を築くことができます。

やってもらった後には必ず感謝の気持ちを

引き受けてもらい実際にやってもらった後には、必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

心から感謝していなければ表情や口調に現れてしまいますので、心から感謝し相手に伝えましょう。そうすれば相手に不快な思いをさせることなく、今後もお互いが物事を頼みやすくなりますので、感謝の気持ちを伝える事はとても大切な事です。

【関連記事】

「ごめんよりありがとう」「謝罪より感謝」が良い理由

言いにくい事を言うベストなタイミングとは

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は頼みごとをうまく上手にするコツについて述べてきました。

人は皆、協力して何かをしたり、相互に依存関係にありながら社会生活を営んでいます。頼み事やお願い事は、それらの社会生活を円滑にしていくためにも必要なことでもあるのです。せっかく頼みごとをするわけですから、快く受け入れて欲しいものですよね。

頼み事やお願い事を受け入れてくれなかったり、聞いてくれなかったりするのは、あなたがその人が悪いのではなくお願いする側にも問題がある事もあります。改めて自分の頼み方・お願いの仕方をもう一度見直してみることで、相手とスムーズに物事を頼み、そして頼まれる関係を築いていけるかもしれませんね。

スポンサードリンク