高め合える関係の意味とは

あなたが今付き合っている彼氏や彼女との恋愛は高め合える関係でしょうか。一緒にいてプラスになる関係でしょうか。それとも高め合えない関係でしょうか。高め合うの反対は一緒にいるとマイナスということです。「いやだな」「イライラ」「疲れる」などなど。高め合えない関係は一緒にいると双方にマイナスになります。

逆に、高め合える関係とは、互いに良い方向に変化できる・それを維持できるということです。決して一方的に良いものを貰えるとか、一方的に何かを得られるとかではありません。高め合える関係の意味は、一人よりも二人の方が良い方向に働き、互いに支えることができる関係のことです。

では、そんな高め合える関係のカップルの特徴はどんなものなのでしょうか。

高め合えるカップルの特徴

性格・役割・得意なことが違う

どんな人にも、自分の性格・役割・得意なことがあります。高め合えるカップルは彼氏と彼女で「性格・役割・得ない分野」が違います。自分と同じな人から学ぶことがありません。むしろ相手と違うからこそ自分は相手から学ぶものも多いのです。

人には、それぞれの生い立ち、経験、今の状況などから、その人にないパーソナリティー、スキル、役割などがあります。全く同じ人はいないとしても、似た性格や役割を持っている人同士が一緒になってもそこには何も生まれません。

相手と違う性格やタイプだからこそ、二人が一緒に過ごし、一緒に何かを乗り越えていくことに意味があるのです。自分は知らないけど相手が知っている知識・知恵だったり、自分は持っていないけど相手が持っている考え方など。

お金の使い方に無頓着だった彼女が、お金をしっかり管理している彼氏と付き合うことで、貯金ができるようになったとか。

相手と性格やタイプが違うことは、高め合える関係には絶対に重要なことです。以前こんな記事も書きましたので、合わせて参考にしてください。

性格が違うカップルは絶対的にうまくいく良相性である3つの理由

相手の欠点を理解し・補える

互いにいるとプラスになる、できなかったことや悩んでいたことが前向きに動き出す。そんな高め合える関係・高め合えるカップルには、相手の欠点を理解してそれを補えるということが大事になります。

欠点や弱点は時に人にマイナスの感情や不利益をもたらすことがあります。

例えば、すぐに気持ちが落ち込みやすい人は仕事に集中できなくなってしまうだったり、逆に気持ちが一度集中してしまうと限界まで頑張ってしまうタイプの人は、体調を崩してしまいがちになるなど。

自分の欠点・弱点を相手に理解してもらい、時にそれを補うような行動をとってもらうことで、その弱点による自分への不利益を軽減してもらい、むしろ互いにプラスの方向に進めるようになるのも高め合えるカップルの特徴と言えるでしょう。

そのためには、相手の弱点や欠点をきっちり理解して、それを補える性格や考え方を持っている必要があります。難しく考えう必要はありません。相手との相性がよければ自然と相手の欠点を補うことができるのです。

自分にとっては当たり前のことでも、相手からしたらびっくりするくらい「すごいこと」であることなんてこともあります。

【関連記事】

自分と違うタイプの異性と結婚した方が良いに決まっている!!

相手を尊重できる「利他の心」がある

高め合える関係・カップルには共通して「利他の心」があります。つまり、相手を思いやり尊重できる心です。相手のために動く、相手が喜んでくれるから動く。これは恋愛に限らず、仕事・親子兄弟・友人などどんな関係にも言えるでしょうが、相手のことを考えて行動できることは、恋愛や結婚においても高め合えるカップル・夫婦になるために重要なことです。

逆に自分のことしか考えておらず、自分の利益や快楽のために相手を利用したり、相手との関係を大事にしようとしない関係はどちらかが必ず無理がきますので続きませんし、高め合える関係には決してなれません。

そして重要なのはこれは恋愛以外でも当てはまるということです。仕事で自己中心的な人は恋愛でも自己中心的です。だって、仕事も恋愛も同じく相手ありきですからね。

相手を尊重し相手を思いやる心は、何も恋愛や結婚夫婦だけではなく、仕事・友人関係・親子兄弟などの家族との関係でも大事になることは言うまでもありません。

まとめ

いかがだったでしょか。

今回は、高め合える夫婦の特徴について述べてきました。

高め合える関係になれるかどうかは、自分が大事なのは言うまでありませんが、相手との相性も大事になります。相手との相性が悪ければ、仮に思いやりの心を持っていてもかえって逆効果になってしまいます。

そのため、相性の良いカップルで付き合うことが重要になります。このサイトでは「相性の良い相手とは。相性の良い相手の探し方」などについて述べています。是非合わせて参考にして見てください。

【関連記事:関連タグ】

男女の相性

スポンサードリンク