自分自身に自信がない

可愛くないし、性格も特別いいというわけでもなく、何も取り柄があるわけでもない。そんな自分に自信が持てない。こんな風に思ってしまっている人も多いのではないでしょうか。

自分に自信が持てないあなたも、自信が持てないけど少しでも自分に自信が持てるようになりたいと本当は思っているはずです。では、どのようにして自分に自信も持てばいいのでしょうか。その方法をご紹介します。

そもそも自分に自信が持てないのか

そもそもどうして自分に自信が持てないのでしょうか。

それは自分を他人とを比べているからです。見た目はここが劣っている、性格はこの人の方がいい、と勝手に人と比べてしまい、自分が他人よりも劣っていると感じてしまうことによって自分に自信が持てなくなってしますのです。また、劣っていると思い込んでしまい、部分については諦めてしまうと、ずっと自信が持てないままになってしまうのです。

自信が持てるようになるには

誰かに褒めてもらう

自分が頑張った時や、自分に自信がない部分を誰かに褒めてもらえると、元気が出たり自信が持てたりするものですよね。そこで自分のことを褒めてもらうことで自分の自信にするんです。

自分では欠点だと思っていても、実は第三者から見ればそこが良い部分である場合もあります。客観的な視点も大事ですので、誰かに褒めてもらった時には素直に受け入れ、その部分を自信に繫げるように意識していきましょう。

自分の好きな部分を最低5つ挙げてみる

自信が持てないということは、その部分を自分が好きではないということにも繋がります。そのため、まずは自分の好きな部分を最低でも5つ挙げてみましょう。些細なことで構いません。「好き嫌いが少ない」「人と話すのが好き」「おしゃれが好き」などなど。自分の好きな部分を紙などに書いて目で見ることで、一目で自分のことを知ることができ、好きな部分を伸ばそうと思えたり、好きな部分は変わらないように気をつけようと思えるかもしれません。

誰かと比べない

自分に自信を持つためには、人と比べるのをやめてみましょう。誰かと比べてその人より上回ることができた時に自信に繋がるという場合ももちろんありますが、最初は人と比べるのではなく、自分自身を見つめ直すことに専念しましょう。誰かと比べて自分が劣っている部分があったとしても、その人も完璧な人間ではありません。欠点もあるはずです。その人の欠点が自分の得意な部分かもしれません。ですので、誰かと比べて自分が劣っていると感じる必要はありません。

全ては個性と割り切る

誰しもが良い部分と悪い部分、得意不得意があるものです。それらの全ては『個性』ですので、できなかったり欠点だと感じている部分を否定する必要はありません。むしろ、その欠点などを受け入れ、そこを少しでもよくなるようにするにはどうしたらいいかを考える方が良いでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、自信が持てない場合に自信を持つための方法について述べてきました。

自信を持てない理由を自分なりに見つけ、そして人と比べすぎないことが重要ですね。

スポンサードリンク