嫌いな上司といるとストレスがたまりますよね。職場では、嫌いであったり苦手な上司とも毎日顔を合わせなければならず、ストレスが溜まっていくと思います。だからと言って、その上司と話さないわけにもいかないという状況の方もいますよね。そのような場合、ストレスへの対処や解消するにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は嫌いな上司へのストレス解消方法について述べていきたいと思います。

嫌いな上司へのストレス解消法・考え方

仕事だと割り切る

その上司との関わりは仕事中だけですので、24時間ずっと一緒にいなければならないというわけではありません。まずは気持ちの持ち方として『今は仕事だから』『ここにいるのは仕事中だけだから』と、割り切るように心がけましょう。なかなか難しいとは思いますが、気持ちをどのように持つかによって、多少でもストレスが減少すると思います。

仕事中に仕事以外の事を考える

仕事以外の事を考えるというのも上司に対するストレスの対処方法ではないでしょうか。仕事が終わった後の予定の事や、休日何をして過ごすかなど、その事ばかり考えて仕事が手につかないのは良くないですが、気を紛らわせたり、仕事以外の楽しみを考えるのも良い方法でしょう。

イライラしたりストレスが溜まることがあると、人はそこに囚われてしまいます。ですが、それはもったいないことです。なるべくイライラしたり負の感情に支配されていてはいけません。気分も下がってしまいますし、マイナスな感情を持っていると、何かと失敗やミスを起こしたり、関係ない人に対しても怒りっぽくなってしまったりします。イライラしたりストレスを感じたら、なるべく違うことを考えて現実逃避することは、かえって現実に対する対処にもなるのです。

誰かに話す

一人でイライラしていて解消する事が難しい場合は、誰かに話したり愚痴ったりするのも良いでしょう。詳しく内容をわかってほしいという事であれば、その上司の事を知っている人に話すのもいいかもしれませんし、職場に関係のない友人や家族などに話す場合には、かいつまんで本質を話していくというのも良いでしょう。

とにかく話して発散してしまうというのは非常に大切なことです。自分の中で溜め込んでしまうと、どんどん自分の中でストレスが多くなってしまいます。日頃からストレスを溜めないように工夫することが大切です。

きっぱり休んでしまう

仕事を休むのはなかなか難しいという人も多いとは思いますが、休まずに仕事をしてストレスが溜まり過ぎてしまうと、精神的にまいってしまい、悪化すると仕事に行きたくても行けないという状況になってしまいます。そのような状況を防ぐためにも、自分の心と体を休める事も大切です。

有給休暇をもらうことに対して抵抗感がある方もいるかもしれませんが、ストレスの吐け口にもなるので、休むということは非常に大切です。頭ではわかっていてもなかなか行動できないからこそ、あえて振り絞って休むという風に動くことも大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は嫌いな上司へのストレス解消方法について述べてきました。嫌いな上司が職場にいるとイライラしたり、ストレスがたまったりしますよね。でも、そんな上司に自分の気分まで左右されてしまうのは人生がもったいなくないですか?嫌いでいやな上司だからこそ、そんな上司に左右されず、ストレスフリーで仕事をしていくためにもなるべくストレスを解消する方法を自分で実践していくようにしましょう。

今すぐではなくても、転職サイトに登録しておくべき3つのメリット

スポンサードリンク