気持ちの切り替えが苦手でできない

彼氏や彼女と喧嘩をしたり、仕事で失敗した、何か大きな不安や問題がある、などなど。気持ちの切り替えができない、気持ちの切り替えが苦手な人っていますよね。スポーツ選手やビジネスマン、受験生や主婦に至るまで、生きていると失敗や不安などは山ほどあります。それをなくす努力はしても良いかもしれませんが、完全にゼロにはなりません。だからこそ、そんな失敗や不安などに対して気持ちを切り替えることが重要になるのです。

ですが、気持ちがなかなか切り替わらない人っていますよね。

切替えが早い人からすると、「なんでいつまでもグダグダしているんだろう」と疑問を感じていると思うかもしれませんが、まず気持ちがなかなか切替えられない人はなぜ切り替えるのに時間がかかるのか説明し、その上でどうやって気持ちの切り替えが遅いを克服するのか、切り替えを早くするのかを解説したいと思います。

切り替えが遅い理由

完璧じゃないと気がすまない

何かいやなことがあった時に、完璧じゃないと気がすまない人は気持ちの切り替えが遅くなります。

こういう人の特徴は、物事に白黒をつけたいという気持ちがあります。100点満点か0点か。中間の50点や70点などはなく、良いものは良い、悪いものは悪いとはっきりしている。すべてのものごとに、すべて100点満点をとることなんてできませんから、70点でも良い、場合によっては40点くらいでも良いという気持ちを持つことが気持ちを切り替えて進んでいくためには重要なことです。

納得していないと前に進めない

何か失敗したりなど、何かいやなことが起こった時に納得しないと前に進めないという人は気持ちの切り替えが遅い人の特徴です。

世の中、自分の納得しないことやうまくいかないことなんて山ほどあります。だからこそ、それらにどう立ち向かうのかというのが人間に試されていることなんです。納得できないことがあったとしても「まあしかたない」「次しっかりすれば良い」などとして前に進む勇気を持てないと気持ちの切り替えが遅くなってしまいます。

誰かもしくは自分を責めるクセがある

何かいやなことがあった時、自分もしくは誰かを責めるクセがある人は気持ちの切り替えができない苦手な人の特徴です。一見シンプルに見えても、世の中の物事はいろいろなことが複雑に関係しています。自分だけが、誰かだけが100%ダメだということはありません。

何かのせいにしたり、誰かの責任にしたりするのは、落とし前をつけるということで人はやってしまいがちなことですが、何かのせい、誰かのせい、自分のせいにしても、良いことはありません。

気持ちを切り替えるタイミングを知らない

気持ちの切り替えができない苦手な人は、自分の気持ちを切り替えるタイミングを自分自身で知らない人です。

人間誰しも、いやなことがあった時は、しばらく気持ちを切り替える事ができません。だからこそ、気持ちを切り替えるタイミングを逃さないことが重要なのです。

誰かに何か言われた一言で気持ちを切り替える、何かプラスな情報を目にしたことで気持ちを切り替えるなど、気持ちを切り替えるタイミングをわかっていないといつまでもズルズルと過去のことを引きずってしまいます。

気持ちの切り替えができないを克服する方法

気持ちを切り替える引き出しを複数持つ

気持ちの切り替えが苦手、できない人の特徴は切り替えるタイミングを逃していると述べました。だからこそ、気持ちを切り替えるタイミングを逃さないことが重要です。

そのためには、自分の気持ちを切り替える引き出しを多く持つことです。友達に相談する、好きな言葉を読み返すなどでも良いですし、毎朝仏壇の前に座るだったり、1日一杯のコーヒーなどでも良いです。

自分の気持ちを切り替える引き出しを複数持つことで、自分の中で切り替えるタイミング、切り替えられる瞬間を増やしていくことで切り替えを早くしていくことができるのです。

執着が多すぎるなら減らす

気持ちの切替えが早い人は、色々な物に執着がないのです。

物事に対する執着がないのでこだわりが少なく、思っていた事と違う事が起きたとしても、すぐそれに対応する事ができ、気持ちの面でも切替えをすることができます。

何かこだわりや執着を持つことは時に重要です。ですが執着やこだわりが多すぎるのは問題です。自分にとって本当に大事にしたいこだわりや執着を洗い出し、あまり必要もない自分のこだわりや執着などを捨てていくことが大事になります。そのためにもまず自分の気持ちのクセに気づくことが重要になるでしょう。

その都度、妥協点を探すクセをつける

何かいやなことがあってすぐに気持ちの切り替えができない場合もありますよね。

そういう時は自分の中で妥協点を見つけることとが大事です。「失敗したけど次につながる」「いやなことがあったけど次の経験になるから良いや」「100点じゃなかったけどここまでできたからいいや」など。

自分の中で何かいやなこと、納得いかないことがあっても、妥協点を見つけることが大事です。これは適当にやるということではありません。気持ちを切り替える上で、自分に納得感を与えてあげるということです。

100点満点の良い出来を目指そうと思うから辛くなるのです。

70点で良い、むしろ最初は40点くらいでも良いという最低の妥協点を後付けでも良いので見つけると、気持ちが楽になります。そうすると気持ちを早く切り替えることができるようになり、さらに40点が50点、60点、70点、、とどんどんより良い方向に結果的には進むことができるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、気持ちの切り替えができない、気持ちの切り替えが苦手な人が、上手に気持ちの切り替えができるように克服するための方法を述べてきました。

気持ちを切り替えることは、過去をないがしろにしたり、忘れることではありません。自分の心の中で落とし前をつけて、過去を教訓に、将来につなげるために重要なことなのです。

気持ちの切り替えが苦手な人は、ぜひ試して見てください!

スポンサードリンク