結婚を意識した付き合いは何が違うのか

「結婚を意識して付き合う」

「結婚を前提にして付き合う」

 

以前「カップルと夫婦は全然違う」という記事を書きました。

実際、付き合うと結婚は全然違います。

 

そこで、結婚を意識して付き合っている時はどうなのか。

学生や若い時の恋愛感情だけで付き合っていた時と何が違うのか。

その内容について述べていきたいと思います。

結婚を意識した付き合いは「お金に対する考えが変わる」

結婚を意識した付き合いは何が違うのか。

一つは「お金に対する意識」が変わるということです。

 

よくテレビ番組などで「レストランで男がおごるべきか、女もお金を出すべきか」という話題があります。

いつの時代もお茶の間を賑わせた話題ですが、

極端な話、結婚してしまえば「男がおごっても、女がお金を出しても」結局は同じことです。

もちろん、厳密に法律的なことをいえば違うのですが、結婚してしまえばほとんど共有の財産のようなものです。夫婦は生計を一つにしている以上、収入を分け合うことが必要になるからです。

なので、結婚を意識して付き合っているカップルは、

互いの収入やお金は単純に自分だけのものだという感覚じゃないので、

  • 「もっと貯金しよう」とか
  • 「仕事をサポートする」とか

結婚を意識した付き合いをしていると、お金の面に関する話題が将来を見据えた話になるのです。

結婚を意識した付き合いは「家族付き合いが変わってくる」

「結婚を意識した付き合い」は、家族ぐるみの付き合いに変わってきます。

結婚とは、家と家のつながりができることでもあります。

 

結婚を意識した付き合いになると、相手の両親へのご挨拶や、兄弟姉妹との関係など、

単純にカップル男女二人だけのことではなく、相手の家族のことも理解していく必要があります。

極端な話、相手の家族のことも自分事として受け入れていく必要があるのです。

ただの恋愛感情で付き合うだけであれば、

相手の両親や兄弟に会ったことがないということもありえますが、

結婚を意識した付き合いになると必然的に家族ぐるみの付き合い方に変化していくわけです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、結婚を意識した付き合いはただの恋愛と何が違うのかという点について述べてきました。

やはり結婚と恋愛は違います。

なので、結婚を意識した付き合いというがどういうものなのかきちんと認識する必要がありますよね。

というわけで今回はこれで以上です!

【合わせて読みたい】

自分と違うタイプの異性と結婚した方が良いに決まっている!!

スポンサードリンク