普段会社や職場で仕事をしていて、「もっと職場がこうなればよくなるはずだ」「こういう風にすればもっとよくなる」と思うことってあるはずです。

ですが、そうは思っても今の立場ではどうしようもできない…なんてことも少なくないと思います。今の立場や役職では何も言えないため環境などを変える事ができず、逆にそれがストレスを感じている人もいると思います。

そこで今回は、職場環境をよくしたい!と思っているけど、今の立場や役職ではそれができないと言う方に向けて、少しでも職場環境をよくするためにできることをお伝えします。

職場の環境を変えたい時の対処方法

職場を変える権限を持つ上司に信頼してもらう

自分の立場で職場環境を変えられない場合、やはり、環境改善にある程度の権限を持つ上司に協力してもらうことが一番最善な方法になるでしょう。上司や先輩の理解を得られれば、職場環境を改善の為に動いてくれるかもしれません。上司の立場としても、部下や社員が気持ちよく働けない環境は良いものではないはずなので、まずは自分の話を理路整然と伝えるのが良いのではないでしょうか。

また仮にすぐに職場改善されなくても、そういった社員や部下達からの声が多くなればなるほど、それが社内で稟議に上がったり、改善策として議題に取り上げられる可能性も高くなるはずです。そうなればおのずと職場良い方向に傾く可能性も少なくないはずです。

なので、何もしないよりは、日頃から、部下達から意見として上司や先輩に報告したり相談したりしていくが大切ともいえるでしょう。

そのためにも、普段から仕事をしっかりやるなどして、上司や先輩たちの信頼を得る必要があります。仕事をしっかりやっている社員の話にはきちんと耳を傾けてくれる上役も多いでしょうから、職場を変えたいのであれば、やはり最低限の仕事はしっかりこなすことが大切でしょう。

自分が周囲を巻き込めるようになる

そもそも職場を変えるということは非常に大きなエネルギーが必要になります。何かを変えるためにはそれなりの労力や体力が必要なので大変なのです。大変だからこそ、誰もそこに対して手をあげずに改善されずに放置されてきたのでしょう。なかなか職場は変わってこなかったのでしょう。

逆に簡単に職場改善ができるのであれば、あなたと同じように思った社員が過去にいたはずですから、もうすでにとっくに職場改善はされているはずです。つまり、職場改善というのはなかなか骨が折れる作業なのです。

そして「改善」というのは一人ではできません。必ず周囲の理解や協力が必要になります。職場環境を変えていくためには、周りの社員を巻き込んでいくことになるということです。

なので、本当に職場環境を変えていきたいということであれば、あなた自身が周囲を巻き込んで、周囲の信頼を得られる人間へとなることが必要になります。

改善とは、簡単にいえば今の職場を否定することです。なので、その分、変更に対して反発する社員もいるでしょうし乗り気じゃない人もいるでしょう。そういう人たちから批判を受けても、より良くしたいという思いの元で、協力してもらえる人たちとともに職場改善をしていくことが求められます。

なかなか職場改善が難しい古臭い会社や組織にいる場合は、まずは自分自身が周囲の人々を巻き込んで、理解や協力を得ることができる求心力をつける必要があるのです。

そもそも体質的に改善がしにくい組織である可能性もある

とはいえ、職場や会社自体体質的にがそもそも改善が通りにくい組織というのも存在します。事情やその理由は組織によっては違うでしょうかが、それは体質的な問題です。

なので、そういう職場や組織の体質的な問題の場合、職場環境を変えるのはさらに骨が折れる可能性があります。特に大きな会社や組織になればなるほど、関わる人数も多いのでその傾向は大きくなるでしょう。なので、職場改善自体がそもそも難しいという場合もあります。

そういう場合は遅かれ早かれ「そういう会社の体質と付き合っていくのか」もしくは「より柔軟な対処ができる職場に移るのか」という選択をする必要に迫れます。

世の中には、むしろ改善が頻繁に行われるように意図的にしている会社や職場があります。また、きちんと手をあげて進言すれば改善要求が通りやすい会社や組織というのも存在します。

もし、今の職場が職場改善が難しい体質の組織である場合、その組織から手を引いて新しい職場を見つけるというのも一つの手段ともいえるでしょう。

ただし、職場を変えるのはそれなりの覚悟も必要なので、まずは「そういう会社の体質とどう付き合っていくのか」という点で方法を模索するのが望ましいでしょう。

それでも、どうしても今の職場に希望が持てないということであれば、リクナビNEXT などでいくつかの候補を探してみるのも良いかもしれません。もしかしたらより自分にあった職場が見つかるかもしれません。

より改善要求が通りやすい組織というのは、社員を大事にしている会社や組織でもあります。会社や組織の社員たちがより快適に気持ちよく仕事をできる環境の方が、より仕事へのパフォーマンスが大きくなることを理解しています。その分、仕事のクオリティが上がるので、組織にとってもプラスになるのです。

今すぐではなくても、転職サイトに登録しておくべき3つのメリット

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、今の立場では職場改善ができない場合の対処方法について述べてきました。

職場改善というのは非常に難しいものですが、周囲の協力を得られば不可能なことではありません。

まずはできそうなことからトライをしていき、最終的に難しいということであれば職場を移るという選択肢を考えることも一つの対策になるかもしれません。

自分の要求が全く通りない組織で我慢しながら働くよりも、社員を大事にしてくれたり、より意見を尊重してくれる会社や組織で働いた方があなたにとって幸せかもしれません。

まずは自分でできる範囲で行動をしてみるのが良いのではないでしょうか。

参考サイト:リクナビNEXT(公式HP)

スポンサードリンク