過去の栄光にすがる男っていますよね。

「昔、〇〇な時は….こうだった」やたらと過去の話をしたり、昔の自慢話をする男っていますよね。

周囲はそんな話にうんざりとしているのに、当の本人は全然気づいていない。職場や周囲のそんな過去の栄光にすがる男性に対してイライラしたりすることも少なくないのではないでしょうか。

そんな過去の栄光にすがる男の特徴とその対処方法をまとめました。

過去の栄光にすがる男の特徴

自分を過大評価している

過去の栄光にすがる男の多くは自分を過大評価しています。

「自分は過去にこんなすごいことをした」「こういう実績を残した俺は特別」なんていう風に思っているので、過去の栄光にすがったり、自慢話が大きくなっていきます。

周囲からしたら「たいしてすごくないだろ…」「そんなの興味ないわ…」という風に思われていたとしても、当の本人はそのことに全く気づかず、あくまで自分はすごいことをしたんだという風に思い込んでいます。なので、そのことを周囲にアピールしたり、やたらと会話にまぜてきたりします。

周囲からしたらまったく興味もない過去の話も、本人にとっては「過去の栄光」としてずっと記憶に持っていて、それを成し遂げた自分はすごいという自己評価を下している可能性があります。

得てして、周囲の評価とは違って過度に、自分を過大評価している勘違い男とも言えるでしょう。

鈍感で空気が読めない

過去の栄光にすがる男は、鈍感で空気が読めないタイプであることがほとんどです。

自分は優れた人間だと自分自身で過信しているため、過去の栄光にすがったり、昔の自慢話を蒸し返したりします。自分はすごいことをしてきたんだぞという、過去の栄光をアピールしたいとすら思っている可能性があります。

ですが、実際に周囲はそう思っていません。むしろ「そんなたいしたことじゃないだろ」「大げさに言っているだけでしょ」という風に、半ば話半分に受け流しているはずです。

空気を読める人間であれば、周囲のそういう視線や思いなどを汲み取ることができますが、過去の栄光にすがり続ける男は、空気が読めず鈍感であるためなかなかそのことに気づくことができません。そのため、周囲がうんざりしているのに、いつまでも「過去の栄光の話」を周囲の前で永遠と繰り返しているのです。

また、そういう男は実際の周囲の評価が低いことを気づいておらず、自分自身の自己評価と周囲評価は一致していないことがほとんどです。周囲はそんな話に辟易としているのにもかかわらず、過去の自慢話を部下や後輩の前で話して、ひんしゅくをかっています。

周囲に嫌われていたり仕事ができなかったりする

「過去の栄光にすがる男」は、基本的に周囲に嫌われていたり、仕事ができなかったりします。そしてその現状に対して満足していないから、過去の栄光や、過去の自慢話をしたりするのです。

こういう過去の自慢アピールをする男は、周囲から嫌われていたり、仕事の成績がよくなかったり、何かとトラブルに見舞われていたりなど、今の現状があまり良くないため、過去の話を蒸し返して、自分のプライドや自分の評価を保とうとするのです。

「過去にいいことをした」という事実を自分で再認識して、それをアピールすることで今の出来の良くない自分を守ろうとしているわけです。

ですが、本人は悪気はないかもしれませんが、残念ながら、周囲からしたらむしろ逆効果になっているのです。自分の話をすればするほど周囲は冷めていきます。人の過去の自慢話をほど退屈なものはありません。だからどんどん人が離れてしまい、ますます今の状況を自分自身で悪くしてしまっているのです。

過去の栄光にすがる男への対処方法

最初から相手の話は「5割増し」なんだと思って聞く

「過去の栄光にすがる男」の話は、たいしたことない過去の話を誇張して、大げさなことであるかのように話を膨らませて話してきます。なので、そういう男の話は「もともと誇張されて話しているんだ」という風に「5割減」くらいな気持ちで聞いて、まともに対応しないことが大切です。

逆にそれを真に受けてしまうと「ますます過去の栄光にすがる男」のくだらない話に付き合わされる羽目になります。なので、なるべく相手の言っていることを真に受けずに「常に受け流す」という姿勢を持っていることが大切です。どうしても相手とコミュニケーションをしないといけない場面では、相手の話している情報の中から必要な情報だけを抽出し、他を切り捨てて、相手の話の取捨選択をしていくことが大切です。

とにかく真に受けず、真剣に取り合わないことという意識がとても大切です。

ハッキリと対応する

そういう「過去の栄光の話」ばかりで鈍感な男に対しては、ハッキリした態度をとることが大切です。相槌をうったり、話に付き合ってあげたりなどの中途半端な対応をしても火に油を注ぐだけです。むしろ本人の自慢話はエスカレートしていってしまう可能性があります。

なのでそういう「過去の栄光の話ばかりする男」に対しては、ハッキリとした態度をとることが大切です。なんなら「迷惑だ」という旨を伝えてみると良いでしょう。おそらく相手はそこまで言わないと気づきません。「察して欲しい」なんてことで解決できるのであれば、とっくに問題は解消されています。毅然とした態度をとって優しくしたりしないで、きちんと言うべきことは言うべきです。

最初は難しいかもしれませんが、なるべくハッキリとした態度で、あまり真面目に取り合わず付き合うことで、相手との距離感を掴みながら対応していくことが望ましいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょか。

今回は、過去の栄光にすがる男の特徴とそんな人の対処方法を述べてきました。

こういう男性は職場や組織の中に一人、二人は必ずいるものです。

こういう男性に出会うことは仕方ないという気持ちでいることが悩まされないポイントだとも言えるかもしれません。いずれにせよ、あまりまともに取り合わず、テキトーに受け流すという姿勢が大切です。

あくまで毅然としたハッキリした態度で臨み、言うべきことはハッキリさせることが大切です。

是非、参考にしてみてください!

スポンサードリンク