恋愛が長続きしない彼女と付き合って交際することになった。その女性は過去の恋愛で、なかなか長い期間付き合うことができず、すぐに別れてしまうという女性だった場合、なるべく別れないためにはどうしたらいいのだろうか。

今回は男性側の視点として、過去の恋愛が長続きしてこなかった女性との付き合い方を紹介します。

恋愛が長続きしない女性と付き合う場合の注意点

無理に頻繁に会おうとしない

恋愛が長続きしない女性は、熱しやすく冷めやすいところがあります。恋愛感情が盛り上がっているときは、いつも恋人のことを考え、ときめいていてくれるのですが、熱が冷めてくると途端に距離をおき、お別れモードにもっていこうとしてきます。時には交際が続いている最中に次の男性を見定めていることも…。それは、彼女の中で恋愛期間のワクワク感が薄れ、恋人に対して飽きを感じていることを意味します。飽きられないためには、一緒にいてずっとワクワクを提供し続けるより、会う頻度を減らし、自分との時間が特別な時間であるという印象を与えることが大事です。たまにしか会えない相手であれば、冷めやすい彼女も会えない期間にヤキモキした気持ちを膨らまし、いつまでもあなたのことを考え続けてくれますよ。

趣味やプライベートの時間は邪魔しない

恋愛が長続きしないのは、趣味を大事にしているから、という女性もいます。2人で楽しめる趣味ではなく、アイドルのおっかけだったり、ハンドメイドであったり、なかなか彼氏と一緒にはできない趣味をもった方に多くその傾向が見られます。趣味に命をかけている女性は、その時間を邪魔されるのをとても嫌います。俺と趣味とどっちが大事なの?!そんなことを聞かれれば、恋愛熱なんてサーッと引いて行ってしまうくらいです。好きになった女性がこのタイプであれば、趣味の時間を邪魔せず、むしろ後押しするくらいの寛大さを身に着けましょう。

無駄に不安にさせない

彼氏への不信感がぬぐえなくて恋愛を続けるのがつらくなってしまう、そんな女性も恋愛が長続きしないタイプの1人でしょう。特に彼氏がTHE昭和の男、という性格で、「好き」という言葉を口にしないタイプだったらなおさら、女性の不信感は募っていくものですから、「私のことを本当に好きなの?」と考える時間が長くなり、心身に負担を感じ、こんなに悩むくらいだったら別れた方が楽、という考えに移行してしまうのです。この考え方をする女性の根本にあるのは、自分に対する自信のなさです。男性から見たら、女性には魅力的な部分がたくさんあったとしても、自分ではその部分に気づかず、どうして自分なんかと付き合ってくれるのかわかならいという疑問が頭から離れないため、こういう事態になってしまいます。このタイプの女性と長く恋愛関係でいたいなら、恥じやプライドを捨て、女性を好きだということをはっきり言葉にして伝えましょう。好かれているという安心感があれば、女性は別人のように穏やかにもなれるものですよ。

仕事など頑張っていることを応援する

趣味に生きる女性もいれば、仕事に生きる女性もいます。何かに打ち込んでいる女性にとって、恋愛は邪魔でしかない時があるんですよね。男性に負けずキャリアアップを狙っている女性であれば、仕事と恋愛を両立させることはとても難しくなってくるでしょう。しかし、このタイプの女性はモテます。ひたむきに何かに取り組む姿は異性から見ても同性から見てもかっこよく、近づきたいと思う人は尽きません。このタイプの女性ともし恋愛関係になれたのであれば、彼女の背中を押してあげる存在になってあげましょう。料理やマッサージを覚えて、忙しい彼女がふっと力を抜くことができる癒しの存在を目指してみるのもいいかもしれません。また、ライバルとなり、お互いに高め合える関係になることも理想的といえるでしょう。間違っても彼女の時間を奪おうとしたり、男のプライドで彼女を非難するような発言をしてはいけません。自分を卑下することなく、彼女を過度に持ち上げることのない関係を目指してください。そうすればあなたと居ることに居心地のよさを感じ、あなたのもとに定着してくれるはずです。

まとめ

今回は、恋愛が長続きしない女性と交際する際の注意点4個を解説しました。

彼氏としては、なかなか難しい舵取りが求められるかもしれませんが、それでも相手の女性のことを考えていけば、必ず良い結果がもたらされると思いますので、是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク