このページは高学歴な彼氏、男性、旦那さんとの会話について解説しています。学歴がある男性は一体何を考えて、どんな話題なのかについて述べていきます。

高学歴男子とは

日本社会においては未だに学歴って重要視されますよね。

いろいろな場面で肩書きを使えたり、就職活動に有利だったりなどなど。私自身早稲田大学を卒業して、もちろん高学歴ゆえの悩みというかデメリットもありましたけど、やっぱりメリットも多かったなという印象があります。

高学歴は得なの?良い大学を卒業してよかったことについて語る

今回は、そんな高学歴な男性ですが、

異性という立場から「一人の男性」として高学歴な男性はどういう特徴や傾向があるのだろうかということについて、主に高学歴男性の会話などを中心に語っていきたいと思います。

高学歴男性の恋愛傾向は

高学歴男性の恋愛傾向はどういうものなのだろうか。

もちろん人それぞれっていうのはありますが、ある程度の傾向ってあると思うんですよね。

なのでその内容最初にご説明しようと思います。

まず前提として高学歴な男性はかなりの確率で論理的な思考ができる人が多いということをおさえてください

難関大学の大学受験というと「暗記!!」っていうイメージを持っている人が多いと思います。確かに大学受験において、暗記や記憶力によって差がつく部分もありますが、本当に重要なのは(特に入試において配点が高い部分に関しては)、論理的な思考能力を問われることなのです。この論理的な思考能力は、特に難関大学になればなるほど重要になります。

そういう意味で、大学入試をクリアしてきている男性は論理的な思考をする人が多い。普段はおちゃらけていても、いざという時はかなりの集中力を発揮して複雑なことをあっという間に解決してしまったりする。

実際に、私の周りの大学の友人を見ていても、やっぱりこういうところは高学歴な男性に多い特徴かなと思います。

 

こういう風に聞くと「論理的な思考って疲れちゃいそう。」と思う人も多いでしょう。ですが、実際は常にそういった思考をしているのかというと、そうとは限りません。

人間は普段の生活でいろいろな部分でバランスをとっています。仕事でこういった複雑なことに対して頭を使う人ほど、普段の生活では感情や情緒が豊かだったりするわけです。

もちろん、仕事や人生で大事な決め事などにおいて高学歴男性は持ち前の論理性を発揮するでしょうが、それ以外の部分でそんなにガチガチでいる人は少ないものです。

なので、むしろたわいのない普通の女性を高学歴の男性は好む傾向にあるように思います。

高学歴男性との会話について

高学歴な男性と出会ったり知り合ったときにどんな会話をしたら良いのだろうか、って思うことってあると思います。

結論から言いますが、普通にしてください。むしろ普通な女性がいいんです

 

先ほども述べましたが、常に複雑な話をしたいとは限らないのです。

共働き世帯が増えていますが、高学歴の男性は収入が多いというのもあるでしょうが、家庭的な女性を好みます。

無理に難しいことや難解なことを話そうとしても見透かされますので、普通にいつも通りの感じで接してくれるのが一番ありがたいんです。

余談ですが、私の卒業した早稲田大学は女性も多いのですが、早稲田生同士のカップルは離婚率がかなり高いらしいです笑 それは互いに同じような性格で、論理的で男勝りな女性が多いからでしょう。

人間関係はバランスです。同族嫌悪という言葉がありますが、同じ特徴を持った人同士がいてもそこには何も生まれずむしろ互いにいやだな、とっつきにくいなという風に思ってしまうものです。

むしろ自分にない部分を持っている人ほど、互いの良さを素直に認め合うことができる上に、それぞれをサポートし合える理想の関係になります。

 

以前、私の経験談を踏まえて、こちらの記事で違うタイプの異性と結婚が良いというのを述べましたが↓

自分と違うタイプの異性と結婚した方が良いに決まっている!!

高学歴な男性ほど、自分と違った特徴を持っている女性を好む傾向にあると言えるでしょう。

なので情緒が豊かで思いやりがある女性が好き、そういうたわいのない会話をしたいという高学歴男子は多いですね。(もちろん例外はいますけどね笑)

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は高学歴の恋愛傾向から、高学歴男性との会話について述べてきました。

結論、無理に背伸びしても結局いつかうまく行かなくなるので、何事も等身大でありのままの自分を見せ、それでうまくいく人と結ばれるのが幸せかもしれませんね。

というわけで女性の皆様が、高学歴男性と知り合ったり出会ったりしたときに、その男性との会話ってどうしたら良いのだろうか、と悩んだ際にこの記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

スポンサードリンク