幸せになりたいだけなのに…

「幸せになりたいだけなのに、うまくいかない」

「幸せになりたいだけなのに、大事にされない」

「幸せになりたいだけなのに、どうしていいことがないのだろうか」

こんな風に悩んでいませんか?

幸せになりたいだけなのに…なぜか人生うまくいってないと感じている女性は多いのではないでしょうか。今回は、そんなうまくいかない女性の特徴3つをまとめてみました。

幸せになりたいだけなのに恋愛がうまくいかない女性の特徴

自分自身の特徴を知らない

自分自身の特徴を知らない人は、恋愛がうまくいかない女性の特徴です。

恋愛にしろ、仕事にしろ、何にしろ、人にはそれぞれ自分の性格や特性があります。その性格や特性を自分自身で知っておくことは幸せな恋愛を手に入れる上でとても大事なことなのです。

なぜなら、自分自身を知ることは、自分がどういう時に幸せを感じやすいのか、どういう時にうまくいくのかという傾向を把握することができるからです。また自分がどういう性格なのかがわかれば、自分に足りない部分、自分の欠点を補ってくれる存在がわかるからです。

例えば、自分自身が引っ込み思案な性格だとわかったら、引っ張っていく人や決断力がある人と一緒になった方が物事がスムーズに進んでいきます。

それは自分の性格を把握するからわかってくるわけで、自分の性格を把握することなく自分の人生が前向きに進むことはないのです。このように、自分の性格を知ることは恋愛、いや全てにおいての出発点になるのです。

性の良い相手を知らない

相性の良い相手を知らないことも幸せになりたいだけなのに、恋愛がうまくいかない女性の特徴です。

恋愛において重要なのは、自分と相性が良い相手と恋愛をすることです。その相手とはもしかすると今あなたが惹かれるタイプの男性ではないかもしれません。

付き合って別れてを繰り返している人などは、もしかすると今まで惹かれていたタイプの男性と、相性が良い男性が異なってると言える可能性があります。あなたが惹かれていたタイプの男性は、実は自分と相性が良くない男性かもしれなかったというわけです。

では、自分と相性の良い相手とはどんな男性でしょうか。

結論からいえば、それは自分と違うタイプの男性です。

先ほどの例でいえば、自分が引っ込み思案なら決断力があったり統率力がある男性。我が強い性格の女性なら、温厚で臆病な性格の男性など、自分と反対なタイプの性格の男性です。

それはもしかすると惹かれるタイプの男性じゃないかもしれません。ですが、付き合ってみればわかると思いますが、自分と違うタイプの男性と一緒になることほど、恋愛や結婚など男女関係において重要なことはないのです。

【詳しくはこちら】>>相性が良い相手とは

男性を見極める力がない

人間は一人で生きているのではないのです。恋愛にしろ、仕事にしろ、家庭に入るにしろ、そこには必ず「人」が存在します。その「人」との相性が重要なのはいうまでもありません。

ですが、その「人」を見る目がなければうまくいくわけありません。

男性の性格や特徴をしっかり見極める力がないことも、恋愛がうまくいかない女性の特徴です。例えば、実は女々しい人を男らしいと思ったり、勝気で闘争心が強い人を温厚と思ったりなどです。

つまり、本来の男性の性格をきちんと見極める力がない女性ということです。

よく「付き合ってみて性格が違った」という女性が多いですが、これは「私は人を見る目がありません」と言っているようなものです。「付き合ってみて性格が変わった」というのはあなたの目線からいえばそうなのかもしれませんが、周囲からしたら「知っている」なんてこともザラにあります。

人を見極める力を養うためには、色々な人と付き合うことです。付き合うというのは恋愛だけでなく、友人としてでも、仕事上でもです。別に仲良くしたり、頻繁に会ったりする必要はありません。色んな人に会って色んなタイプの人を知ることで自然と自分と似た性格な人(男女問わず)や、自分と違うタイプの性格な人(男女問わず)がわかってくるようになります。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は幸せになりたいだけなのに、恋愛がうまくいかない女性の特徴を述べてきました。

恋愛がうまくいかないのには必ず理由があります。きちんと自分の性格や特徴を把握した上で、自分と相性が良い相手をみつけるようにしましょう。

自分と相性が良いということは、相手からしてもあなたは相性が良い相手なのです。そのことをきちんと理解して、自信を持って何事にも挑戦する姿勢が大事かもしれませんね。

スポンサードリンク