一人は寂しいけど人といるのは疲れる現象

一人は寂しい。けれど誰かと一緒にいるのも疲れる。そんな風に感じている人は多いのではないでしょうか。最近は核家族化が進み、一人暮らしの世帯も増えているので、独身の男女は特にそう感じる人は多くなっていることでしょう。

一人は寂しいけど、人といるのは疲れるという心理の正体は一体どういうものなのでしょうか。今回はその心理について詳しく見ていきたいと思います。

一人は寂しいけど人といるのは疲れる原因

一人は寂しい。かといって人といるのも疲れてしまう。それはどの答えの心理はどういうものなのか。

この2つ、実は同じ心理状態なのです。それでは一人は寂しいけど人といるのは疲れてしまう原因はなんなのか。

それは両方とも、人とのつながりが希薄なのです。

一人でいると当然一人です。一人家の中にいるとシーンと静まりかえっていてさみしさや孤独を感じることでしょう。そのような状態でいると人とのつながりは希薄になってしまいます。

だからといって、誰かと一緒にいるとかえって気を使ってしまったり、何かと疲れてしまうということもあります。それは相手に心を許せていない証拠であり、だからこそ一緒にいても疲れてしまうのです。この状態もまさに人とのつながりが希薄な状態なのです。

「一人だと寂しい」と「誰かと一緒にいるのは疲れる」はあなた自身が他者とのつながりが希薄な状態であるという点において、実は同じ心理なのです。

一人は寂しいけど人といるのは疲れるの対処方法

一人は寂しいけど人といるのは疲れる対処方法は、人とのつながりを作ることです。

人とのつながりを作れば、一人になる回数も減りますし、その相手といれば気を許したり、その時間を心から楽しむことができます。

実は孤独を防ぐには、他者と会う回数を増やすことでも、一人の時間を減らすことでもありません。本当の意味で、人とのつながりを作り、 人間的な付き合いをして行く社会生活が大事なのです。

人間は社会的な生き物です。だからこそ、人とのつながりが希薄な状態であれば、一人は寂しいし、人といるのは疲れてしまうのです。

まずは自分自身の家族・友人・パートナー・仕事仲間などとの付き合いを見直していくことが実は「一人は寂しいけど人といるのは疲れる」現象を解消し対処していく方法になるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は「一人はさみしいけど人といるのは疲れる原因と対象方法」について述べてきました。

人とのつながりこそ、本当の意味での孤独を解消するためには必要なことになります。

寂しくて疲れてしまう時こそ、身近にいる「家族・友人・パートナー・仕事仲間」とのつながりを見直してみると良いかも知れませんね。

【参考記事】

素直に感謝できない原因とは

価値観と性格の違い

スポンサードリンク