なぜか彼氏や彼女ができない

「なぜか自分だけ恋人ができない」

「いつもうまくいかない」

そんな悩みを持っている人は少なくないでしょう。

今回は、恋人ができない人の原因について触れて行きたいと思います。

恋人ができない理由

自分の恋愛癖に気づいていない

恋人ができない原因は、自分の恋愛癖にあるかもしれません。

恋愛癖とは、恋愛をする時の無意識にしてしまっている自分のクセや習性のようなものです。

例えば、男性であれば「アプローチをして一回断られると、それ以上踏み込めなくなってしまう」とか、女性の場合、「相手のダメな部分が見えたら、即シャットダウン」とか。

自分に恋人ができないのは、自分の恋愛癖に理由があるかもしれません。癖は無意識であるからこそ、自分で気づくことは難しいです。ですが、その癖が恋人がなかなかできない原因になってしまっているのであればそれを改善していかないといけません。

自分の恋愛の癖は自分でしか気づくことができませんから、今一度、過去の恋愛の失敗を思い出して、自分の恋愛癖に気づくことが大切です。

何が異性にウケるのかを知らない

異性にウケるかがわかっていない人も、恋人ができない原因かもしれません。

「リードしてくれる男性が好き」という女性の声を受けて、女の子の気持ちを無視して連れ回したり強引にしたりして「リードする」の本当の意味を勘違いしている男性をよくみかけます。

また、女性でも「清楚系・おしとやかな女性が好き」と聞いて、不自然な相槌をうったり、女子力アピールをしたりと、男子が求める「清楚系・おしとやか」の意味を履き違えている女性もいます。

このように、何が異性にウケるのかを知らない人は恋人ができません。「異性が何を求めているのか」ということをきちんと理解すれば、自然と恋人はできるようになります。

「女性ウケを狙う」「男性ウケを狙う」ということに対して、引け目を感じる人もいるかもしれませんが、恋人を作るためには時に異性にウケを狙うことも大切です。

そもそも「異性にウケることする」というのも、やってみるとわかると思いますが、簡単なことではありません。「異性ウケを狙っている」異性をバカにしている人もいますが「異性ウケ」をやるとなると案外難しいです。

なかなか恋人ができないという人は、もう一度自分の行動や異性との向き合い方を見直してみると良いかもしれませんね。

余裕がなく焦りがある

恋愛に対して、余裕がなかったり焦りがある場合も恋人ができない理由かもしれません。

恋愛に対する余裕を持つためには、恋愛に対する経験値が必要です。いろんな人とデートや食事にいってみると慣れが出てきます。慣れがあると異性とデートすることに対してもそこまで極端に意識しなくなります。

ただし、経験値が必要と言ってもやみくもに手当たり次第、付き合ったりアプローチしたりすることではありません。

自分の視点を少し変えてみるのです。例えば「今まで自分のタイプではなかった人と付き合ってみる」「目立たない人とデートしてみる」など、自分の視点を変えて、自分の恋愛対象の範囲の調節をするだけでも、恋愛の経験値を増やすことはできます。

理想が高くて妥協をしない

恋人ができないのは、理想が高くて妥協できないことが原因かもしれません。

全てが理想的な恋愛ができればそれは良いかもしれませんが、世の中は自分に都合が良いことばかりではありません。

皆、実は自分の好みじゃない人と付き合ったり、タイプじゃない人に好かれたりなど妥協しながら恋愛をしている人が大半です。

もちろん「これだけでは譲れない」というポイントを自分の中で明確にすることは大切です。ですが全ての項目に対して理想的な異性を求めようとすると、恋愛や恋人作りの敷居が高くなってしまいます。無意識に恋愛のハードルを自分自身であげてしまいます。そうすると、なかなか恋人はできなくなってしまうのです。

友達以上になるのを恐れている

「変な噂を流されるのではないか」「周りの人は何か思うのだろうか」「相手に嫌われるのではないか」と、友達以上になることを恐れている人もなかなか恋人ができません。

あなたも「〇〇くんと、〇〇さんは付き合ったらしいよ」という噂を聞いて、「まさか!」と思った経験をしたことはありませんか?

いろいろと周囲の目がある中でも、「その二人は友人以上になる」という勇気を持って、アクションを起こしたから結ばれているのです。

友達・同僚・先輩後輩の関係から、恋人になるためには「友達以上になる」ということに勇気を持つことが大切です。

無意識に出会いが少ない習慣にしてしまっている

出会いの習慣がそもそも少ないことも恋人ができない原因かもしれません。

「学校や仕事場の往復だけ」

「出会いを積極的に求めることに引け目を感じる」

「合コンやコンパなんかはいやだ」

など、無意識に自分で恋愛の範囲を狭めている人は案外多いものです。

その無意識にかけている恋愛に対するブレーキや思い込みを捨てることで案外出会いの数が増えて、恋人ができるかもしれません。

いくら美人でもいくら性格の良い人でも、家に閉じこもって出会いの数を制限していたら、やはり恋人はなかなかできません。

恋愛には相性もありますから、相性の良い相手と出会うとなるとさらに出会いの確率は低くなってしまいます。

だからこそ、恋人ができない原因がそもそも出会いが少ないことが理由なら、出会いの数が増える場に参加したりなど、自分から積極的に動くことが大切かもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

恋人ができない多くの人は、あなた自身に大きな欠点があるのではありません。

ちょっとした癖や習慣を改善すれば、すぐに恋人ができる人も少なくありません。

だからこそ、小さなことでも良いので、自分の恋愛を今一度見直してみることが大事かもしれませんね。

【こんな記事もあなたにはオススメ記事です】

第一印象でビビッとくる相手は、もしかして相性の良い相手かも?

恋愛で同じ失敗を繰り返してしまう原因とその対処方法とは?

とりあえず付き合ってから好きになるはアリなのか?

どんな女性を選ぶべきか?

どんな男性を選ぶべきか?

スポンサードリンク